進捗

2019年10月15日 (火)

10/15 日々進捗

土曜日から始まったイベント「ブレイブグラウンド」は、残り4日の時点で(亭主の中では)ほぼ集約方向にある。

イベントで入手できる武器「ツヴァイ・シェーデル」は3凸を2本作成済み、素材が足りないため4凸できていないが、素材が集まれば速やかに4凸可能。ただし、この武器、使いどころがなかなか難しいようで、ネットでは賛否両論、マニア向け武器というのがおおよその評価のようだ。

イベント最高難度のProud+は挑戦していない。現時点では戦力が足りない。ランキング上位のハイプレーヤたちの戦績をみてため息をつくばかりである。

そんなわけで、喫緊の目標、素材集めの進捗としては、

「栄光の証」:残り22個
「火精のアストラ」:残り61個

ブレイブグラウンドのクリア報酬でときどき「証」がドロップするので、目標達成の後もだらだらプレイしている。

レベル上げの進捗としては

黄龍黒麒麟武器
「麒麟弓」:Lv101->150
「黄龍槍」:Lv116->150

英雄武器
「イペタム」
「ネブカドネザル」
「ファウスト」
「カピラヴァストゥ」
「アシュケロン」:いずれもLv100->150
「千子村正」:Lv145->150

マグナ武器
「セレストクロー・マグナ」:Lv47->100, Slv10★4凸待

召喚石
「コキュートス」:Lv140->150
「ウォフマナフ」:Lv100->150
「シャインホーク・ガルラ」:Lv66->Lv80

闇属性有利古戦場に向け「麒麟弓」の強化に励みたいところ。


2019年10月11日 (金)

10/11 日々進捗

イベント「四象降臨」も終盤である。

前回までのイベントに「四象武器」はすべて集め終わっているため、今回はヒヒイロカネの素材である「クロム鋼」の回収が主な目的である。他の有用な素材はすべて集め終え、残るはクロム綱をどれだけ回収できるかの勝負になっている。目下集めたクロム鋼は、最初にヒヒイロカネとの交換のために急遽ゲットした1個と、ストックとなった37個の合計38。残るクロム鋼は92個だが、そろそろいいだろという気にもなりつつある。あと3個あつめてストックを40個(ヒヒイロカネ2個分に相当)にしたら終了するつもり。

イベント中に入手できる印符4枚を「四象金印」に交換、黄龍および黒麒麟の討伐にも参加し、麒麟武器である「麒麟弓」を1個入手、4凸した。黄龍武器は「黄龍槍」を入手。ただしこちらは素材不足でまだ4凸していない。

昨日は、イベント中最高難度であるレベルProud+で、黄龍・黒麒麟の討伐に初めて成功した。6回か7回かチャレンジしての討伐成功だった。以降は討伐の達成感でほとんどなにもしていない。イベントもあと二日を残しているものの、亭主的にはほぼ終わった感じだ。

素材集めの進捗は以下の通りで、まだまだ道半ばといったところ。
「栄光の証」:残り80個
「ヒヒイロカネ」:完了(在庫ゼロとなった)
「ウリエルのアニマ」:完了
「火精のアストラ」:残り80個
「太陽のイデア」:残り2個

なお本イベントから実装された、自動戦闘モード「フルオート」の威力はすさまじく、イベント内の周回速度が劇的にあがっている。操作しなくともボタン一つで「バフ」「デバフ」「アビダメ」「攻撃」のシーケンスを実行してしまうためプレイヤーの負担が大幅に減った。便利すぎてチートともとれそうなの機能、今後のプレイヤーランキングなどにも大きく関わってきそうである。


2019年10月10日 (木)

10/10 「日々進捗」の意味

亭主がときどき(というか頻繁に)「進捗」について記事を書くのには理由がある。

もちろん「どむや」に来ていただいている読者が、「進捗」に関心がないのは知っている。そもそも何を書いているのかさっぱりわからないだろうし、もし何を書いているか分かったとしても、大した情報でもない。いわば、「まったく読むだけの無駄な記事」である。

だが、亭主たち世代は、かつてこのような「進捗」を当たり前のように見ていたことがある。

家族で出かけた食堂で、メニューを注文した後に見る漫画雑誌。

旅行先で買ってもらった漫画雑誌。

あの時、わくわくして開いた雑誌の中には、「進捗」のような漫画が常に掲載されていたはずだ。

そもそも子供が、週刊の漫画雑誌を毎号読めることはまれである。本屋の子だとか、あるいは親が毎号買ってくるならば話は別だが、多くの場合子供は漫画雑誌を偶然に手にする。雑誌には、毎回一話完結で楽しめる漫画と、毎号読まなければ意味の分からない漫画があって、多くの場合一話完結の漫画は「ギャグマンガ」、毎号読まなければ意味が分からない漫画は「ストーリーマンガ」と呼ばれていたはずだ。ギャグの反対はシリアスなのかもしれないが、とにかく「ギャグ」と「ストーリー」が一対となっていた。

子供はまず「ギャグマンガ」を読む。何回か繰り返し読んで、読むのに飽きたりすると「ストーリーマンガ」を試しに読んでみるのだが意味が全く分からない。その号のストーリーマンガを楽しんだとして、次回その続きを読める保証はない。ストーリーマンガを楽しめるのは、毎号雑誌を買えるオトナか、本屋などで立ち読みができる大学生、高校生に限られる。

亭主の「進捗」はストーリーマンガだ。それだけ読んでも意味が分からないし、そもそも面白いとも思えない。だが、そんな境遇にあってもストーリーマンガは依然として漫画雑誌の主軸にある。

2019年10月 6日 (日)

10/06 日々進捗

イベントクエスト「ジークフリート」が終わり、今日からイベント「四象降臨」が開催される。と同時に、アニメ第2期放送を記念したキャンペーンが始まった。

キャンペーンの目玉は毎日1回レジェンドガチャ無料、その他AP・BP半額、スタンプログインボーナス、キャンペーン限定クエスト、RP・EXP1.5倍、よろず屋サポート効果UP、アーカルムパスポート追加発行なども併催される。日頃AP不足などでなかなかクエストが周回できない人にとっては、このキャンペーンを使って戦力強化、素材確保を図りたいところだ。

亭主は、AP・BP半額、キャンペーン限定クエストを利用した素材集めを進めていて、次回闇有利古戦場でのサラーサ最終上限解放に向け素材を集めているところだ。極光の試練での白竜鱗集めを完了し、キャンペーン限定クエストでエリクシールハーフを、島HARD(と呼ばれるクエスト)でスキル上げ素材を集め終えた。

残るは「栄光の証」が160個で、これはなかなか重い。マルチバトルで地道にあつめるしかないからだ。そのほか最終上限解放にはヒヒイロカネが1個必要だが、これは今日からの「四象降臨」で集めるつもり。サラーサ最終上限解放に向けてはこれくらいだろうか。

亭主のもう一つの目標は、アーカルム召喚石「ザ・ハングドマン」のSSR化に向けたウリエルのアニマ集めで、これは1日1回、地道にウリエルの討伐クエストをこなしている。ようやく必勝パターンというか、安定攻略の道が見えてきた気がする。まだまだパワー面ではこころもとないが・・・今日明日中にも必要な素材が(金剛晶を除いて)そろうことだろう。

そして亭主の三番目の目標は、十賢者「アラナン」の加入に向けた素材集めだが、必要な素材が膨大でまだ先が見えてこない。幸いアーカルムパスポート追加発行によりアーカルム周回の速度はあがっている。こちらも近日中になんとかめどをつけたいところ。

本当は、マグナ2武器の収集に向けてマルチバトルに積極的に入りたい友思っている。闇有利古戦場に向けてアビススパインを集めたいと思っているのだが、なかなか戦力があがらないため参加しても貢献度が稼げないのが悩みである。

そしてそして、今日からついに「四象降臨」が始まる。

前回の「四象降臨」で四象武器は一通り獲得しているので、今回は素材集めを優先するつもりだ。ヒヒイロカネの素材であるクロム鋼を優先に、エリクシールハーフや栄光の証、印符などを集める。

2019年9月26日 (木)

09/26 日々進捗

 イベント「決戦!星の古戦場」が終了した。

 

 個人の獲得貢献度は1億4千万、騎空団の戦績は2勝2敗。個人ランキングは12万位、騎空団ランキングは27600位あたり。片手間にやったにしてはまずまずの出来だろう。掘った箱数は41箱。前回が40箱なので1箱増加・・・といいたいところだが、天星器の切り替えミスで、1箱=八命切1本を余分に入手してしまった。八命切30本収集→オクトーの最終上限解放の次は、三寅斧を12本収集する予定だったが10本収集にとどまった(30刀+1余分の刀+10斧=41箱)。残念だが仕方ない。

 

 次回の闇有利古戦場では、三寅斧30本を集めることになる。斧の次は九界琴の収集であるが、どこまでできるかはまだ未定。現在の闇武器編成では2000万ダメージ(1ターンキル)に到達しないため周回の効率が悪いのだ。2000万ダメージに向け編成を見直す必要がある。

 

 --

 

 残り強化未済の武器・召喚石は以下のとおり。

  • ウシュムガル(2本目)
  • 英雄武器(7種)
     イペタム
     ファウスト
     雨叢雲剣
     千子村正
     アシュケロン
     ネブカドネザル
     カピラヴァストゥ いずれもLv100
  • コキュートス
  • ウォフマナフ
  • ノビヨ

2019年9月24日 (火)

09/24 日々進捗

イベント「プレガンド・コーラス」が終了し、「決戦!星の古戦場」が始まった。

今回の古戦場は火属性有利。先日のブレイブグラウンドで入手した武器「ウシュムガル」が存分に活躍するイベントである。亭主の火属性編成は、フルアビポチならば1ターンで2500万ダメージをたたき出す。今回のイベントは結構自信あり、である。

今回の古戦場のメインの目的は、十天衆オクトーの最終上限解放のために「八命切」を30本集めること。八命切を30本集め終わった後はできるだけイベントを周回して、十天衆サラーサの最終上限解放に向け「三寅斧」を集める。いまのところ期間中に合計30本+14本の44本を集める予定である。

古戦場は木曜日夜~金曜日が予選、土曜日のインターバルを挟んで、日曜日から4日間本戦が開催される。亭主は予選で八命切を13本集めて本戦Cクラスに進出、第1戦こそ他の騎空団に敗北したものの、第2戦は見事勝利、本日開催されている第3戦も勝利の見込みである。前回の古戦場では4戦全敗を喫ししたため今回はリベンジ・・・といいたいところだが、亭主が古戦場に参加する理由は「十天衆の最終上限解放」なので、勝敗にはあまり興味がない。武器の収集が最優先であり、その結果として勝利したというだけである。できるだけ武器の本数を集めて次回の古戦場(11月だそうである)での負担を軽くしたい。次回の古戦場は闇有利だそうだが、亭主は闇編成が弱いので、目標の本数が集められない可能性があるからだ。

次回の古戦場の話はさておき。

本戦3日目の本日、30本めの八命切を入手し、ついにオクトーの最終上限解放を達成した。

誰も寿いでくれないので自分で寿ぐことにする。

おめでとうございます。

ありがとうございます。

これで最終上限解放した十天衆は3人(シエテ(7)、ソーン(2)、オクトー(8))。今後はサラーサ(3)、ニオ(9)、エッセル(10)と続く(カッコ内は十天衆の番号を表す)。エンドコンテンツの一つ「十天衆の最終上限解放」の進捗は30%となった。パーティの強化につれて徐々にだが楽に走れるようになった。どこまでできるかはわからないが、とりあえず十人すべてを最終上限解放するまでは頑張ってみるつもりである。

そのほか、強化素材が集まった結果以下の武器・召喚石の強化も完了している。

・クラリオン Lv150, Slv15
・セレストクローマグナ Lv150, Slv15
・ウシュムガル(1本目) Lv150, Slv15
・プロキシモ(英雄武器) Lv150
・ミセリコルデ(英雄武器) Lv150

・ティアマトマグナ Lv150
・ナリタ Lv150

残り強化未済の武器・召喚石は以下の通り。

・ウシュムガル(2本目)Lv1(Max150), Slv1(MaxSlv15)
・英雄武器(イペタム、ファウスト、雨叢雲剣、千子村正、アシュケロン、カピラヴァストゥすべてLv100)
・コキュートス Lv100(Max150)
・ウォフマナフ Lv100(Max150)
・ノビヨ Lv100(Max150)
・ザ・サン Lv150(Max200)

ただしザ・サンを除いては、いずれも常用していないため優先度は低い。

 

2019年9月13日 (金)

09/13 日々進捗

イベント「ブレイブグラウンド」が終了し、シナリオイベント「プレガンド・コーラス」が始まった。

「ブレイブグラウンド」では剣である「ウシュムガル」2本を最終上限解放し、1本が無凸の状態で倉庫に保管している。当初より2本取得予定だったため、目標を早々と達成したあとは強化素材集め、他の武器・召喚石の最終上限解放に必要な素材集めに徹していた。

今回は、とにかく最終上限解放した武器・召喚石が多かった。

ウシュムガル2本の最終上限解放に始まり、英雄武器プロキシモの属性変更、召喚石コキュートスの最終上限解放、召喚石ウォフマナフの最終上限解放、9/13に最終上限解放が実装された召喚石ノビヨ、召喚石ナリタの最終上限解放、そしてアーカルム召喚石ザ・サンの最終上限解放(5凸)と現在最終上限解放可能な武器・召喚石はすべて、最終上限解放した。

ところが、最終上限解放を完了しても、強化素材が絶対量足りない。現在

・クラリオン Lv150, Slv10(Max15)
・セレストクローマグナ Lv149(Max150), Slv1(Max15)
・ウシュムガル Lv124(Max150), Slv15
・ウシュムガル Lv1(Max150), Svl1(Max15)
・プロキシモ Lv100(Max150)

・ティアマトマグナ Lv143(Max150)
・コキュートス Lv100(Max150)
・ウォフマナフ Lv100(Max150)
・ノビヨ Lv100(Max150)
・ナリタ Lv100(Max150)
・ザ・サン Lv150(Max200)

と、とにかくレベル上げを待っている武器・召喚石が目白押しである。これらをひとつひとつ強化していくのが今後の日課となる。

おっと、ザ・サンの最終上限解放が完了したのちは、十賢者の一人アラナン加入に向けての素材集めが待っている。十賢者アラナン加入のためには「ザ・サンが描かれたカード」を素材と交換する必要があり、目下太陽のイデアが15個、火精のアストラが159個足りないため、これを集める必要がある。アラナン加入の道のりはまだまだ遠い。

そんなわけで現在は、シナリオイベント「プレガンド・コーラス」を周回中。クエスト報酬はすべて受け取り済、ガチャチケット3枚とダマスカス骸晶3個も回収済のため、残りは「1000アーカルムポイント」「栄冠の指輪」「覇業の指輪」「エリクシールハーフ」の回収を進めている。

 

2019年9月 9日 (月)

09/09 日々進捗

アーカルム召喚石「ザ・スター」の上限解放(最大レベル75)、召喚石「アグニス」の最終上限解放(最大レベル150)、召喚石「ティアマト・マグナ」の最終上限解放(最大レベル150)が完了した。

スターの上限解放により、光属性の編成の強化が図られたほか、アグニスを召喚石のセットリストに組み込むことにより、こちらは火属性の編成の強化をはかることができた。当初は「神石編成」でしか効果を実感できないであろうと思っていたアグニスであったが、攻撃力だけでもパーティが強化されたのはうれしい限りである。

これで従来の装備強化での残件は

・アーカルム召喚石「ザ・サン」の最終上限解放(最大レベル200)
 →アクイラ・フラグメント19/20個

のみとなった。

イベント「ブレイブグラウンド」は討伐章、ブレイブポイント双方での報酬をすべて回収し、またウシュムガルも最終上限解放(最大レベル150)を2本作成した。バトルでのウシュムガルの直接ドロップは2本であった。

ただ、ウシュムガルの育成には時間がかかっている。なにしろ強化素材が全く足りないのだ。現状では以下のような中途半端な状態で育成が止まっている。

・ブルースフィア(レベル149/150、スキルレベル10/15)
・セレストクローマグナ(レベル149/150、スキルレベル1/15)
・ウシュムガル(レベル124/150、スキルレベル7/15)
 (ウシュムガルの残り1本はレベル1で倉庫に保管している)

ついでに

・ティアマト・マグナ(レベルも143/150)

で強化素材が尽きた。

ヘンに几帳面な亭主にとって、中途半端な状態で放置するのはどうにも我慢がならないのだが、素材がないためどうしようもない。

2019年9月 7日 (土)

09/07 日々進捗

イベント「ダンシング・アベンジャー」が終了しやれやれといったところの亭主である。

イベント後半はやる気がほとんど失せていたため、イベント周回そっちのけで各種素材集めを進めていた。素材集めの結果として下記の武器を最終上限解放したが、代わりに素材が大幅に減った。

  • ニーベルンホルン(土属性の斧、1本目)4凸 Lv150、Slv15到達
  • クラリオン(水属性の銃、1本目)4凸 Lv150、Slv15到達
  • ブルースフィア(水属性の杖、1本目)4凸 Lv148、Slv10
  • セレストクローマグナ(闇属性の拳、4本目)4凸 Lv150、Svl1

またレベル上げの結果として碧瑠璃の杯の在庫がなくなってしまったため、現在はおとなしく通常モードで強化素材を集めているところである。

明確に戦力向上を実感したのは、ニーベルンホルンくらいだろうか。Lv100、Slv10からLv150、Slv15へと強化することでおおよそ攻撃力が8000上昇した。ニーベルンホルンは在庫がまだあるので、こちらもLv150、Slv15にすればさらに戦力が向上する。このような強化をきっかけに、レガリアシリーズによるマグナ2編成の作成が始まるのだろう。

ところで上のような武器の最終上限解放に走った理由は、所有する武器・召喚石に対して、現時点でできうる強化をほぼ終えてしまったかだ。

現時点で強化を予定している召喚石は

  • スター3凸(のこりオーディンのアニマ5個)
  • サン5凸(のこりアクイラ・フラグメント1個)
  • アグニス4凸(のこりシヴァのマグナアニマ1個とミカエルのアニマ2個)

武器は、

  • プロキシモ3凸(双剣士の証30個、(属性に応じた召喚石)のアニマ100個)
  • オメガウェポン(究竟の証5個、オメガユニット4個)
  • セラフィックウェポン5凸(全属性とも黄龍のマグナアニマ5個または黒麒麟のマグナアニマ5個、対応する属性の光輪15個)
  • 英雄武器の進化(幽世の黒紫刃2個、賢者の誇り・騎士の誇りをそれぞれ10個づつ、天司のアニマ)

と明確に強化素材の種類・質が変わってきている。これまで戦いを避けてきた強敵とついに対峙するときがきたということか。

当座はスター・サンの強化、そして次のイベント「ブレイブグラウンド」で火属性の武器「ウシュムガル」をゲットすることに注力したい。ウシュムガルは前回のブレイブグラウンドで1凸したものを1本所有している。できればこれを4凸、2本ゲットしたいものだ。

 

 

2019年9月 3日 (火)

09/03 日々進捗

またしばらく間が空いてしまったので、前回から今回までの間にやったことを書くが、たぶん誰にも伝わらない。

ザ・サン4凸
ザ・ムーン3凸
デス3凸
ザ・タワー2凸
テンペランス2凸

塔と節制は加護効果がHP上昇のためいまのところ編成に組み込む予定はないが、とりあえず他のアーカルム召喚石と同じレベルにそろえておく。

サイス・オブ・ベリアル4凸

セラフィック・ウェポンはこれですべての属性の武器が4凸した。

玄武甲槌・邪の作成
白虎咆拳・邪の作成

第2スキル「邪」にはダメージ上限上昇効果がある。このゲームは与ダメージ量がある一定以上となると「減衰」といってダメージ量を抑制する効果がはたらくため、第2スキルに「邪」を付与することは大変有効。他の四象武器(火・風)にはすでに「邪」のスキルを付与している。

オールド・エッケザックス3凸
英雄武器・ミセリコルデ・ウヌの作成

オールド・エッケザックス(オッケ)は以前から3凸したかったもの。ミセリコルデは今後実装が予定されているEXIIジョブ取得に向けて作成。

残りは

ザ・サン5凸
→アクイラ・フラグメント残り5個

ザ・スター3凸
→オーディンのアニマ残り16個

どちらも微妙にだるい。特にザ・サンの素材はポイントで交換可能だが単価が高く、クエストで集めるには日々の地道な努力が必須である。

そのほか、マグナ2武器の入手、オメガウェポンへの強化、セラフィックウェポンの5凸、神石の最終上限解放などやることは多いが、そのための素材を集める手間が尋常ではない。

とりあえず、これまでの強化でアイテム「栄光の証」を大量に消費してしまったため、おとなしくストーリーイベントを周回している。

より以前の記事一覧

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ