雑談

2017年8月22日 (火)

08/22 日々雑感

コンビニで現金払いをする理由を聞いた、マイナビの調査結果が面白い!現金派にも主張あり…ですが、半分くらいは理解しがたいものばかりです。(クレジットカードの読みもの)

電子マネー派か、現金派かと問われたら、どちらかといえば電子マネー派であると答えることにしている亭主ではあるが、完全に電子マネーに移行するにはまだまだ乗り越えるべきハードルがある。

出張ではSuica、自宅周辺ではもっぱらnanaco(セブンイレブン、デニーズ、ヨークマート)を利用している。au-Walletも所有しているが、使いどころがよくわからない(一度ミニストップで使ったか)。ただ、その他の場所や店では圧倒的に現金を使う。ジョギング中や仕事中に買うドリンクは、コインでないと購入できないし、ふらりと立ち寄った食堂での支払いも現金である。時流は電子マネーとばかりTwitterで「今時現金とかバカですか?」と煽るお調子者たちも、そこにある自販機が現金専用であるという事実を覆すことはできない。

自身は電子マネー派ですと標榜したところで、現実には現金を使うしかないシーンはいくらでもある。問題は、原因を使うしかないシーンで、どのように振舞うかなのだ。先のお調子者たちが真の電子マネー派を自称するならば、いくら金を積まれても、命が危うい状態に置かれたとしても現金を使わないのが電子マネー派たる人間の矜持というものだ。

「どちらかといえば」電子マネー派の亭主は、当然のように小銭を持ち歩いているし、小銭がなければ千円札を自販機に入れてドリンクを買う。

まあ、真の電子マネー派といっても、命が危ういとなれば千円札を自販機に入れるだろう。だが、戻ってきたおつりはそのまま釣銭入れに残すか、その辺に捨てて、決して持ち歩くことなどないだろう。ところが亭主のような「どちらかといえば」な人間は、そんな時しっかりとおつりをとってしまうのだ。このメンタルの弱さを乗り越えないことには、電子マネーへの完全移行は難しいと言わざるを得ない。

2017年8月18日 (金)

08/18 おススメPVなど

最近気になるCMに「住宅情報館のTVCM」がある。lolが歌う"Party Up!"のハジけた感じも良いが、橋本環奈のダンスのキレの良さが目を惹く。



Party Up ! / lol



住宅情報館TVCM ダンス篇 30秒ver 

 人間の動きらしからぬ肘・膝の動きとステップ。密かに亭主も練習しているがなかなかモノにならない。

2017年8月 9日 (水)

08/08 日々雑感

眼鏡レンズの表面コーティングが剥がれて、見にくいことはなはだしい。

日曜日に水戸の眼鏡店を訪れたところ、コーティングは修復不可能とのこと。以前から度が合わなくなっていることもあって、いい機会と眼鏡を新調することにした。レンズを作るため視力測定をしたところ、右目は乱視が少し進んだのに対し、左目は近視がさらに酷くなっているという。右は遠くが見え、左は近くが見える状態。右と左で分業が進んでいるらしい。

左右で見え方が違うのは、目にもよくないが脳にはさらに良くない、頭痛や不快感が酷いでしょう、大変だったでしょうと同情されてしまった。たしかにここ数ヶ月の亭主はといえば、もう目も開けていられないくらいひどい状態が続いていたが、まさか視力が原因とは思いもよらなかった。

フレームは現在と同じブランド、ただし色をシルバー=ブルーのツートンから、シルバー=グリーンに変更した。

新しい眼鏡が届くのは2週間後である。なんとかこの2週間を乗り切ればと思いつつ、今日もきょうとて体調が悪い。やはり眼鏡なのだろうか。

2017年8月 5日 (土)

08/05 日々雑感

アドラー心理学だったか、「人間の悩みはすべて対人関係」とかなんとか、そうなのかなぁ、そうだよなぁとぼんやり思う今日この頃である。

ただし、相手に対して言いたいことが多々ある一方で、実際に「相手に対して言っている」状態というのはほとんどない。大抵の場合アタマの中にいる「仮想の相手」に何を言うべきか、どう言うべきかを悶々と考えている状態なのだ。アタマの中にいる「仮想の相手」に何を言おうが、事態は一切進展しない。良くもならなければ、悪くもならない。ハムスターのケージの中においてある運動器具のように、カラカラとその場で回るのみ、本人だけがどんどん消耗していく。

相手に対して何を言うべきか、どう言うべきかをアタマの中でシミュレーションする、こじらせないように(あるいは反論の余地をあたえないように)発言を吟味することもまた大事だとは思うが、たいがいにしておいたほうがいい。

それにしても、どいつも、こいつもである。対人関係も一人や、二人ならば我慢もできようが、あっちも、こっちもでは精神がもたない。こういうときはおそらく、相手もだが、自分自身もまた平静からは程遠い状態にあるのだろうと自らを戒めておくことにする。自らの状態が異常ならば自分自身の周囲もまた尋常ならざる状態に見えるに違いないからだ。

2017年7月23日 (日)

07/22 日々雑感

以前Bic-Cameraで購入した、Sandisk Ultra PLUS 128GB(SDカード)に「ジャズ喫茶四谷いーぐるの100枚」に紹介されている100枚のアルバムから94枚をコピーした。

カーオーディオで聴くためである。

カーオーディオにはiPod Classic(160GB)が接続されているが、1152枚分のアルバム管理はさすがに厳しいため、SDカードに「いーぐる」のアルバムをまとめてみたのだ。聴いてみるとこれがなかなか使いやすいうえ、SDカードにはロスレスのデータが入っているため音質もすこぶる良い。

カーオーディオには2枚のSDカードが搭載できるうえ、カード保管用のスロットが2個搭載されているので、「いーぐる」以外にもテーマを決めてコピーしても良い。シリーズ化できるならば、たとえば澤野工房からリリースされているピアノ・トリオのアルバムをまとめるのも面白そうだ。

2017年7月20日 (木)

07/20 日々雑感

土曜日くらいからめまいが酷く、一時的にブログ更新を休んでいる。

仕事も家庭も多忙を極めていて、過労で三半規管が不調となっているものと考えられるが、こればかりは自分ではどうにもならない。とりあえず不調でもエンジン全開で頑張る所存。

影響がブログに及んでいるが、まあここくらいは休んでも良いよね。

2017年7月12日 (水)

07/12 日々雑感

最近下火になったものの、巷間ではまだまだ実践者の多いミニマリスト。

亭主は彼らの生き方を格別うらやましいとも思わないし、実践しようとも思わないのだが、その考え方自体には一部共感するものがある。

浪人となり予備校の寮に入った亭主、布団と衣類と勉強道具、それにラジカセと10本ほどのカセットテープしか持たない生活は、まさにミニマリストのそれであった。大学に進学し、今度は長野県の学生寮に入ってからは、それまでのうっぷんを晴らすかのように本を買い漁り、CDを買っては聴きまくった。本と、音楽。家財がそれらだけであった大学時代をいま改めて振り返るに、これはこれでミニマリストの生活、「一部に特化したミニマリスト」の生活だったように思われる。

昨晩のエントリがどうも歯切れの悪いものになったのは、亭主の所有するモバイル群が「特化型ミニマリスト」のポリシーに沿わなかったからに他ならない。

本来、コンピュータは「据え置き1台、モバイル1台」で済ませられるのが理想なのだ。その方が出費も抑えられるし使っていても迷いがない。デジカメもケータイも、オーディオもそうやって迷うことなく突き進んできた。それがNetwalkerあたりから迷走をはじめ、いまや複数台のモバイルが死蔵状態になっている。中途半端なスペックの機器を拙速に買ってしまったのがそもそもの原因なのだ。

2017年7月 4日 (火)

07/04 日々雑感

 会社での話。

 目標管理システムで各自今期の目標を提出してください、上司はそれを承認してくださいと、管理部門から依頼メールが来た。本来は期始めに提出すべきものであるが、そもそも弊社は全てが遅い。そもそもこの依頼が来たのも期が始まってしばらくしてのことだ。

 幾人かがまだ提出していなかったため、メールで提出を依頼した。数名からはすぐに反応があったものの、残りの数名はメールを読んだか読まないか、音沙汰がない。仕方なく、管理部門が送って来たメールの文面を転記し再びメールを送ったところ、今度は速やかに提出された。

 管理部門はメールになんと書いたか。

「目標管理システムと、給与システムが連携したため、目標を提出しないと賞与が支払われません」

 子細は異なるが、要するにこういうことが書かれていた。

 提出しないと賃金が支払われませんと人間が言えば、これは脅しである。だが管理部門からのメールは、「システムが賞与を支払わらない」と言っていて、そこには人間の意思や、感情の入り込む余地がない。いわば問答無用である。そしておそるべきことに、この問答無用が人間のすみやかな行動を促している。

 今回の一件が、未来の超管理社会を予見させるなどというつもりはない。一つ言えるのは、いわゆる「システム」というものが、人間の情や理性以上に人間を律し、御するという点だ。逆に言えば、人間が「システム」をうまく利用すると、思いのままに他者の行動を制御できるということでもある。だが亭主はこの方法が必ずしもクレバーな方法とは思っていない。

 亭主が送った依頼メールは、ある種の「社会実験」であった。そしてかなりの確度をもって他者の行動を制御できるということが分かった。亭主はこれ以上、この方法を用いるつもりはないが、効果を確信した管理部門がこの方法を濫用する可能性は大いにあると感じている。

2017年6月18日 (日)

06/18 日々雑感

唐突に実のない話をしてみる。

昨晩、ファミリーマートの夢を見た。会社に行く途中だろうか、昼食を買うため立ち寄ったのだ。店の中はコンビニというよりは古民家カフェといった趣で、店員の女性3人もオーガニックな風合いの服で応対している。客はそこそこ入っている。女子高生やご婦人が多い。

目当てのパンは、金属製ラックの棚に少量づつ置いてある。説明も値段も書いていないので、値段はともかくどんなパンかは外見から判断するしかない。コロネやカレーパンなどもあるが、名称不明のパンのほうが圧倒的に多い。どれも美味しそうである。女子高生がきゃあきゃあ言いながらパンを選んでいる。もしかしたら人気の店なのかもしれない。少し迷って、ブール(丸い形をしたフランスパン)と、ドーナツを手に取った。

レジの前にガラスケースに入ったソフトドリンク売り場があって、お茶や牛乳などが置いてある。紙パックの牛乳と、栄養ドリンクをケースから出す。ところが栄養ドリンクはすでに蓋が開いていて、中身がない。客が飲んで返したのだろうか、とんでもない客がいるものだと思ったが、店員がヨシとしているのだろうか、大事になっている様子もないので、まあそんなものなのだろうと思っておく。

レジで金を払ったところポイントカードを入れておきますのでお使いくださいと、店員がコンビニ袋に何かを突っ込んだ。

見ればTポイントカードである。ああ、以前のWAONカードのとき(つい先日の話)と全く同じだと思ったが、特に湧き上がる感情もない。そういえば、Tポイントカードは現実に持っているものの、結局使っていない。

2017年6月16日 (金)

06/16 Q太郎くんに関する亭主への1問1答

1.なぜ3匹目を飼おうと思ったのか

 妻が以前から小型犬(トイプードル)を欲しいといっていたから。シュナウザー2匹の散歩が大変で、小型犬ならば楽に散歩ができるかららしい。だが小型犬を飼えば散歩が楽になるというものではない。あいかわらず家にはシュナウザーが2匹いるからだ。

2.なぜダップー(カニンヘンダックス×トイプードル)なのか

 一目惚れ。実は以前にもチワックス(チワワ×ミニチュアダックス)の女の子が欲しいと思ったことがあったのだが、飼うと決心するまでには至らなかった。可愛いと、飼うとの間には説明のできない大きな溝がある。そこを埋めたのがQ太郎くん。

3.なぜハワイの名前ではないのか

 ハワイの名前も調べたが、しっくりくるものがなかった。「オハナ(家族)」など女の子に付ける名前ならば候補はいくつかあったのだが、男の子向けの名前がなかなか見つけられなかったのだ。「カイ(海)」という顔でもないし、「ラニ(天国、空)」は死を連想させる。

4.なぜQ太郎なのか

 飼うと決めたものの、しばらくは良い名前が浮かばなかった。妻は和風の名前にこだわっていたようだ。たまたま亭主がEvernoteに作成してあった近所の犬の名前リスト(「犬個人情報」。次にあったときにうっかり忘れてしまわないための備忘録)を見て、そこにあった「きゅうたろう」という名前が気に入ってしまったのだ。「きゅうたろう」は近所のマンションに居るフレンチブルの名前である。ただ、散歩コースや散歩の時間帯が違うせいか最近見かけない。
 当初はカニンヘンダックスの「カニちゃん」だった。動物病院のスタッフもカニちゃんと呼んでいたようだ。

5.Q太郎くん元気?

 むちゃくちゃ元気なのでぜひ見に来てください。

より以前の記事一覧

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ