« 01/20 iPod Classic(第6.5世代,160GB)の大容量化(1) | トップページ | 01/20 iPod Classic(第6.5世代,160GB)の大容量化(3) »

2021年1月20日 (水)

01/20 iPod Classic(第6.5世代,160GB)の大容量化(2)

 次いで、ハードオフでiPod classic 160GB(MC297J/A)のジャンクを買い増しした。店頭には「動作しました」との説明書きがあったが、ジャンクなので油断はできない。前オーナが不具合を隠して売った(あるいは偶然にも買い取り時に店側が不具合を見つけられなかった)場合も多々あって、亭主自身そういった品物を少なからず購入して痛い目に遭っている。ジャンクは不具合を徹底的に疑うべきで、それにはそれなりの「目利き」と「評価のための時間」が必要である。

 自宅に戻り、iTunesに接続して様子を見る。本体はリセットされており当初の容量が正しく表示されている。本体を平らなところにおいたところ少しがたつきが見られ、よくよく見ると中央部が若干盛り上がっているのに気がついた。バッテリが経年劣化で盛り上がったか、それともなにか外力が加わったか。ホイールの中心にあるボタンが若干へこんでいることが、本体の盛り上がりを裏付けている。これ以上は中を見てみないとわからない。

 試しに数曲を転送し、イヤフォンで聴いてみる。再生・停止、ボリューム、トラック送り・戻しも正常である。イヤフォン端子の接触不良もない。比較のためこれまで所有していたiPod Classicを聴こうとしたところリセットがかかった。以前からカーオーディオに繋げた際にたびたびリセットがかかっていたので、もしかしたら不具合含みなのは亭主のClassicのほうかもしれない。

 というわけで改造の対象は決まった。今回ハードオフで購入したClassicを2TBに換装する。

« 01/20 iPod Classic(第6.5世代,160GB)の大容量化(1) | トップページ | 01/20 iPod Classic(第6.5世代,160GB)の大容量化(3) »

聴(硬)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 01/20 iPod Classic(第6.5世代,160GB)の大容量化(1) | トップページ | 01/20 iPod Classic(第6.5世代,160GB)の大容量化(3) »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ