« 10/15 【聴】YMO Mega Mix / Yellow Magic Orchestra, Alfa(ALCA-20) | トップページ | 10/20 日々雑感 »

2020年10月18日 (日)

10/18 【聴】 Complete Service / Yellow Magic Orchestra, Alfa(ALCA-421, 422)

IMAGE

 1983年12月22日に開催された散開ライブ「1983 YMOジャパンツアー」を収録した"After Service"の完全盤と銘打ちリリースされたのが本作"Complete Service"。After Serviceには未収録だった楽曲を含め、散開ライブに演奏されたすべての楽曲が収録されている(ちなみに未収録曲は"Shadows on the Ground"、"Perspective"、"The Madmen"、"Limbo"、"Chinese Whispers")。2枚組全19曲から2枚組24曲へ、また曲順も公演での演奏順になっていることが「完全盤」と銘打つ所以である。なお、ミキシングはアンビエント・ミュージックの創始者であるBrian Enoが手掛ける。1992年11月11日リリース。

 まず最初に言い訳をしておくと、亭主はこのアルバムをリリース当時から知っていたのだが、当時学生だった亭主に「ライブアルバム」や「ベストアルバム」や「リミックスアルバム」を買うような金銭的な余裕がなく、このアルバムもまたスルーと対象となっていた。1992年といえばYMOが「再生」を果たす前年であり、しきりに再結成が噂されていた時期でもあった。YMO商法などと揶揄されたアルファレコードの再発ラッシュに嫌気が指していた亭主は、金銭的な余裕がないことと同時に、アルファレコードへの反感からも、このアルバムをあえてスルーしていたのだ。「ライブ盤はAfter Serviceがあるからいいじゃん」という気持ちもあった。「ブライアン・イーノって誰よ」という気持ちもあったが、まあ結局のところその後このアルバムをめぐって後悔したことは一度もなく、今回たまたま"YMO Mega Mix"と一緒にハードオフのCDコーナーに並んでいたことに気が付いて購入した、というわけ。

 アルバムの価値については先にも書いたように未収録曲を含みライブ演奏順であることがすべてだろう。Brian Enoのミックスの良しあしは、正直よくわからない。After Serviceとの音質の違いは、実はAfter Service発売当時の盤を持っていないので比較できない(持っているのはSONY GTから後日リリースされたリマスタリング盤だ)。細かいぐだぐだはさておいて、純粋に音楽を楽しめということなのだろう。ただ、亭主はハードオフで買ってきたこのアルバムが、どうにもこうにも気に入らない。中古であることは当然であるとしても、ヤニ臭いうえに同梱のライナーが湿気かなにかでヘロヘロになっている。しかもCDの帯(日本のCDの悪習ではある)がプラケースにセロテープで貼り付けてあって、帯に劣化・変色があるばかりか、プラケースにセロテープの痕がべったりとついている。盤質そのものは悪くないが、そのほか(プラケース、ライナー、帯)の保存状態が最悪である。これほど酷い盤をこれまで亭主は見たことが無い。

 そもそもそのような盤をあえて買った亭主が悪い、ということもあるのだろうが、CD売り場におかれていた時はビニールに包まれていたので匂いは分からないし、ましてライナーがヘロヘロになっているなど分かりようもない。唯一帯の状態が最悪だったのは視認できたものの、先にも書いたように帯は日本のCD独特の付属物であり、独特の風習である。コレクターズアイテムでもないかぎり帯にこだわることはナンセンスと、亭主自身思っていたのだ。

 ただ、今回の経験を通じて一つ分かったことがある。「帯の保存状態は、そのまま盤の保存状態につながる」ということだ。帯が失われていたり、あるいは帯が変色していたら、その盤を買うのを避けるべきである。もちろんヤニ臭さなどもってのほかである。今回購入した店が、CDソフトの店ではなく、「ハードオフ」というソフトは専門外の店だったことも、盤質の悪さと関係があるかもしれない。Amazonのマーケットプレイスに出品されているCDならば、店の評判を気にしてこのような品物は出品しないだろうし、そもそも買取すら断っていたことだろう。さらにいえば下のYMO Megamixも同じように帯の保存が最悪で、しかもヤニ臭いのだから同じオーナからまとめて買い取ったものに違いない。

 ───とまあ、つらつらと書いてきたわけだが、要するに亭主はこれをハードオフから買ったことを酷く後悔している。できればAmazonのマーケットプレイスで良盤を買い直したいと思っているが、かといってヤニ臭いこのアルバムを処分するのも忍びない。ただただ、Amazonのサイトを見ながらため息をついている今日この頃である。(2020.09.29)

« 10/15 【聴】YMO Mega Mix / Yellow Magic Orchestra, Alfa(ALCA-20) | トップページ | 10/20 日々雑感 »

聴(軟)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 10/15 【聴】YMO Mega Mix / Yellow Magic Orchestra, Alfa(ALCA-20) | トップページ | 10/20 日々雑感 »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ