« 07/08 【読】「闇中の星 グイン・サーガ147(五代ゆう、早川書房)」 | トップページ | 07/13 日々雑感 »

2020年7月 9日 (木)

07/09 【聴】Technodon Remixes I & II / Not YMO, Universal(UPCY-7669)

IMAGE


 1993年2月、メディアによって大々的に復活(再生)が報じられたYMO。権利関係からあえて「YMO」にバツ(not)を付けた3人が、当時流行していたNYハウスを意識して制作したアルバムが"Technodon"。本作"Remixes"はTechnodon収録曲から7曲をセレクトしたリミックスアルバムである。再発にあたり2枚のアルバムが1枚にまとめられており、Remixes IではDeee Liteからソロへと活動の場を移したTei Towaが3曲、Technodonのミックスダウンを担当したGoh HotodaとNYのハウスDJ Francois Kevorkianが1曲を担当。Remixes IIでは再生ライブのオープニング・アクトを務めたThe Orbが5曲を担当している。アルバム全体としては全9曲が収録されていることになる。


 まず最初に言っておかなければならないが、1980~90年代初頭において、亭主はリミックスを一切認めていなかった。アルバムに収録されている曲、それがその曲の完成形であり、完成形を崩して新たな楽曲を作り上げること、それ自体失礼なことと考えていたのだ。新たな楽曲が、オリジナルよりも優れているならばオリジナルそのものの完成度が低かったと言わざるを得ないが、それはアーティストの手抜きを指摘しているようなものだ。第一、曲の一部をちょっと弄っただけでもう一曲など、そんな美味い商売があってよいのだろうか。こちらは毎月の生活費を削って削って、やっと捻出した金でアルバムを買っているのだ。そもそも「あの」YMOの3人の作品を、新参が弄って新たな作品でございとは、失礼にもほどがあるではないか。云々、云々。


 当時を冷静に振り返ってみれば「原理主義」ともとられかねない価値観ではあるが、ことYMOの作品に関しては「YMO商法」と揶揄されるほどにリミックスや再発盤が濫造されていて、そのたびにファンから「いいかげんにしてくれ」と嘆息の声が漏れていた。しかも本リミックスに関して率直な感想を言うならば、オリジナルにエフェクトを付けてアンビエント、トラックをループしてミニマルテクノといった感じの安直な構成で、当時の亭主からすれば退屈以外の何物でもなかった。


 このレビューを書くにあたり久しぶりにリミックスを聴いていたところ、あまりの退屈さにパソコンの前で寝てしまった。歳を経てそれなりに音楽に対する見識も知識も広がったと自認する亭主が、このリミックスを聴いて睡魔に襲われたというのだから、当時の亭主の感想はあながち間違いではなかったのかもしれない。いずれにせよYMOのリミックス・ワークをTei TowaとThe Orbにほぼ丸投げし、これもYMOの作品ラインナップでございというのはちょっと無理があったのではないかと(かつてもまた現在も)思っていて、現在に至っても本作の個人的な評価はあまり高くない。マニア向けコレクション、あるいはちょっとした「余録」程度といった評価にとどまっている。(2020.06.07)

« 07/08 【読】「闇中の星 グイン・サーガ147(五代ゆう、早川書房)」 | トップページ | 07/13 日々雑感 »

聴(軟)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 07/08 【読】「闇中の星 グイン・サーガ147(五代ゆう、早川書房)」 | トップページ | 07/13 日々雑感 »

2020年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ