« 06/12 日々雑感 | トップページ | 06/17 投稿テスト »

2020年6月14日 (日)

06/15 【視】マナリアフレンズ I, Happinet(BIXA-1141)

IMAGE

 原作Cygames、監督岡本英樹。「人」「神」「魔」あらゆる種族の入り混じる神秘の世界ミスタルシアを舞台に、マナリア王女「アン」と竜族の姫「グレア」の交流を描いた物語。2巻シリーズの一枚目には全5話、アンとグレアの出会いからマナリア魔法学院の生活ま、そして突如訪れた学園の危機まで5話を収録する。キャラデザインは吉田南。封入特典としてオリジナルサウンドトラックが収録されたCD、そしてブックレットが同梱されている。


 マナリア王国の王女にして天才魔導士「アン」。人々の人望篤く学院での人気も高い。一方人間と竜族とのハーフである「グレア」は人間が大半を占める学院においてマイノリティであり、内気な性格もあってなかなか学院生活になじめない。不思議な雰囲気をもつグレアに興味を持ったアンは積極的にグレアにアプローチ。アンの積極性に圧倒されていたグレアだったが次第に心を開きはじめる。


 なんというか、ほんわか雰囲気の良作。学園生活の何気ない一コマ、いわゆる青春の日々が暖かいタッチで綴られている。主人公であるアンとグレア、そして彼らを取り巻く人々、その誰もが優しさに満ち溢れているあたりが(亭主的に)目新しい。事件が起きること、しかも陰惨だったり凄惨だったり悲惨だったりすることが大前提で作品諸々を楽しんできた亭主にあって、この作品世界の緩さはむしろ新鮮だったりする。そういえば亭主の若かりし頃も大した事件は起きなかったように思うし、平穏な日々それ自体が亭主にとって心地よかった。いや、事件は日々起きていたのかもしれないが、若者にとって事件とはハードル走のようなもので、日々飛び越すことに夢中でそれ自体が事件とは思わない。年経てやってくるごたごたに比べれば、若いころの事件などどれもイノセントなものばかりなのだ。(2020.05.13)

« 06/12 日々雑感 | トップページ | 06/17 投稿テスト »

聴(軟)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 06/12 日々雑感 | トップページ | 06/17 投稿テスト »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ