« 06/17 投稿テスト | トップページ | 06/22 日々進捗 »

2020年6月20日 (土)

06/20 日々雑感

昨晩の夢が与えたインパクトがあまりにも強すぎて、丸一日何にも手が付かなかった亭主である。

誰かが死ぬとか、火事で焼け出されるとか、そのテの物騒な内容ではなかっただけに、日中その夢のことをたびたび思い返しては夢のディテールを補間したり、(夢に)解釈を試みたり、言語化を試みたり、自分なりの考えへとまとめ上げようとしたのだけれど、結局何もできずに一日が終わりつつある。

多分、肉体は魂の容れ物なのだろう。自分は自分であることを魂に問い、間違いなく自分であると確証するが、他者はその人がその人であることを肉体(外見)に問う。自分自身の都合からいえば、肉体の存在など全くの些末で、それこそ日替わりで入れ替わっても全く問題ないのだけれど、他者にとって肉体が変わることは全くの別人が現れたに等しい。だがもし、肉体を透かしてその人の魂を見ることができる人がいるとするならば、それはいったいどのような作用によるものなのだろうか。例えば実の父親や母親は、彼らの子供を(肉体を透かして)間違いなく彼らの子供であると弁別することができるだろうか。そして肉体の変化とは関係なく、実の子供として相対することができるのだろうか。

« 06/17 投稿テスト | トップページ | 06/22 日々進捗 »

雑談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 06/17 投稿テスト | トップページ | 06/22 日々進捗 »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ