« 06/08 日々雑感 | トップページ | 06/15 【視】マナリアフレンズ I, Happinet(BIXA-1141) »

2020年6月12日 (金)

06/12 日々雑感

 Apple StoreでBrydgeのBluetooth Keyboard for iPad mini 4/5が売られていて、ネット界隈でちょっと話題になっている。

 iPad miniにヒンジ付きのキーボードを直接取り付けることで、iPad miniがMacbookのようなフォルムになる。キーボードの使い勝手も良いようで、ネットでは好評価多数、亭主の物欲も大いに刺激されている。

 ただ、キーボードを取り付けたiPad mini 4/5は、ちょっとしたノートパソコン並の重さとなる(iPad 300g + KBD 310g = 610g)上に、iPadとキーボードが180度までしか開かないため、たとえば電子書籍を読んだり、お絵かきを楽しんだりするにはキーボードが邪魔になる。電子書籍を読むとき、お絵かきを楽しむときにはキーボードからiPad miniを切り離して使用する。

 iPad mini 5にBrydgeのキーボードを組み合わせたこのシステム、統一感のあるデザインに危うく購入しかけたのだが、この組み合わせがGPD Pocketに代表されるUMPC(Ultra Micro PC)によく似ていることに気付き「注文を確定」ギリギリのところで思いとどまった。亭主はUMPCが欲しいのではない。iPad miniにPCの機能を持たせたいのではなく、電子書籍を読んだり手書きのメモを作成したりする、いわゆる「タブレット」として使いたいのだ。

 以前にも書いたかもしれないが、亭主はiPad mini 5+Apple Pencilの組み合わせが気になっている。亭主の場合、手書きメモよりも「概念図」や「説明図」を手書きでぱぱっと描きたいのだ。亭主のブログはこれまでテキストサイトを標榜してきたが、言葉ではなかなか伝わらないことも多くてそのたびにもどかしい思いをしてきた。図を描くために、これまでPowerpointやペイントを使ってきたが、Powerpointはフリーハンドな図を描くのが苦手である。またマウスを使ってのお絵かきは図中に字を書き込むのが難しい。テキストの表現力に限界を感じるのは、亭主に文章力がないことに尽きる。だが、やはりそれでも「図」は大事であると、つくづく思う。

 世の中に多くのブログがあるなか、「図」を効果的に使ったサイトはあまりないように思う。作図に手間がかかること、限りあるサーバ容量を圧迫すること、それら諸々を考えて「図」を使うことに躊躇する人も多いかもしれない。

 もしiPad mini 5+Apple Pencilで描いた図がさっくりとブログ記事となるならば、ブログに図を使うハードルが下がるだろう。文章で、ロジカルに伝えるのが難しいものが、図を用いることで伝わるならば、それはそれでイノベーションと呼べるのではなかろうか。

« 06/08 日々雑感 | トップページ | 06/15 【視】マナリアフレンズ I, Happinet(BIXA-1141) »

物欲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 06/08 日々雑感 | トップページ | 06/15 【視】マナリアフレンズ I, Happinet(BIXA-1141) »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ