« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月

2020年5月26日 (火)

05/26 【聴】 The Colours of Chloe / Eberhard Weber, ECM|Polydor(POCJ-2815)

IMAGE

 ジャズ・ベーシスト、現代音楽家として活動するEberhard Weberの1973年アルバム。Riner Bruninghaus(Piano, Synth)、Peter Giger(Drums, Perc)、Ralf Hubner(Drums)、Ack van Rooyen(Flugelhorn)らをゲストに迎え、エモーショナルな環境音楽を奏でる。全4曲。Groove誌監修による70's Groove Classicシリーズの一枚として1999年にリリースされた。


 現代音楽、前衛音楽、環境音楽、即興音楽、フュージョン、プログレッシヴ・ロック、あるいはニューウェーヴ。この音楽を聴いたとき、亭主はまずこの音楽がどんなジャンルにあてはまるかを考えてしまった。1960~70年代といえば、クラシックとジャズから多くの音楽ジャンルが派生した時代であるが、本作に限ってはその出自が特にあいまいで、ジャンルの特定が難しい。おそらくEberhard Weber自身が現代音楽を手掛け、またシンセを駆使することでいわゆる楽器編成によるジャンルの縛りを避けたためと思われるが、アルバムを聴く限りはドライブ感のあるポップなトラックと、ゆったりとたゆたうアンビエンティックなトラックが混在していて、本アルバムを一つの枠に当てはめること、それ自体が無理筋であるようにも感じられる。かといってアルバム全体が散漫になっているわけではない。絞り込まれた4曲はあらゆる音楽要素で満たされていて、それ自体が「展覧会の絵」のようなバリエーションをもって聴く人を楽しませる。亭主ならば苦し紛れに「ジャズ」のコーナーに置くだろうが、作品傾向としてはあえてノンジャンルとし、これを手に取ったひとが何の先入観もなく聴いてもらうのが良いように思える。


 アンビエント・ミュージックの創始者であるブライアン・イーノは、自らの音楽を聴く際にはなるべく音量を小さくして、環境に音を溶け込ませるように聴くことを薦めているが、本作についてはうるさくない程度に大きな音で聴くのを(亭主的には)オススメしている。大きな音で聴くことで各曲のメリハリがしっかりし、より音楽の個性を楽しむことができるからだ(2020.05.11)

2020年5月20日 (水)

05/20 【読】 「エイフェックス・ツイン、自分だけのチルアウト・ルーム―――セレクテッド・アンビエント・ワークス・ヴォリューム2(マーク・ウィーデンバウム、坂本麻里子訳、Ele-king Books|P-Vine)」

「エイフェックス・ツイン、自分だけのチルアウト・ルーム―――セレクテッド・アンビエント・ワークス・ヴォリューム2(マーク・ウィーデンバウム、坂本麻里子訳、Ele-king Books|P-Vine)」


 Aphex TwinことRichard D.Jamesが、UKテクノの名門・Warp Recordsから1994年にリリースした2枚組のアルバム"Selected Ambient Works Volume 2"に関する様々なトピックを、アンビエント/エレクトロニカのサイトDisquiet.com主宰であるMark Weidenbaumがドキュメンタリー形式でまとめた書。日本語版は2019年2月刊、翻訳はロッキング・オンなどで音楽ライターとして活動する坂本麻里子氏。


 かつては「奇才」と称され、数々の奇行・武勇伝にテクノファンの耳目が集まったRichard D.James。1990年代のUK Drum'n'Bassシーンを牽引し、Drill'n'Bassなる過激なブレイクビーツを生み出した立役者として知られている。一方、繊細なエレクトロニカ・サウンドも多く手がけ、現在も寡作ながら良質な作品を作り続けている。本書はそんな彼の代表作である"Selected Ambient Works Volume 2"にスポットを当て、リリースの経緯、当時の社会状況、またリリース時の周囲の反応やその後のアンビエント/エレクトロニカ界隈の動きを、様々な人々の証言を元に記している。ただし、Richardへの直接のインタビューはなく(あまりメディア露出を喜ばないらしい)なく、収録曲についてもさほど詳細には解説しない(アンビエントに格段の制作意図が込められているともかぎらない)。いわゆる熱狂的なファン・ブックではないことに注意されたい。


 ところで本アルバム、実は結構曰く付きである。Volume 2に先駆けたVolume 1が存在しないとか、Warp Recordsと初めて契約した作品で、Warp側はエレクトロニカを期待していたのに出てきたものはアンビエントだったとか、全25曲のうちBlue Calxしか曲名がついておらず、別人によって勝手的に曲名がつけられ、しかもアルバムに公式にクレジットされていたりとかーーー。地味な作品に関わらず話題には事欠かなかったようである。アルバムリリース後の評判はも微妙だったようで、エレクトロニカを期待していたファンの困惑が伺い知れる。なおその後アルバム収録作品は、クラシックにアレンジされたり、映画や演劇のBGMとして使用されたようである。


 Volume 1もVolume 3もない地味な2枚組アンビエントのアルバムが、音楽シーンに与えた影響を冷静に俯瞰したドキュメントが本書となる(2020.05.20)

2020年5月18日 (月)

05/18 【聴】This Warm December -A Brushfire Holiday Volume 3- / V.A., Brushfire Records(B0031208-02)

IMAGE

 ハワイ在住のシンガー・ソングライター、Jack Johnsonが運営するレコードレーベル、Brushfire Recordsから、2019年のクリスマスに合わせてリリースされたクリスマス・ソングのコンピレーション。シリーズとしては第3作め、今回もJack Johnsonのほか、G.Love, A.L.O., Bahamasらレーベルのアーティストが参加する。また同じくJack Johnsonが主宰するAlumni Recordsから、Mason Jennings, Rogue Waveらも参加。全15曲、温暖なハワイのクリスマスをさらに温かくする、ハートウォーミングなクリスマス・ソングが詰め込まれている。

 Jack Johnson自身は3曲に参加。1曲はMason Jenningsとのデュオである。彼の楽曲はどちらかといえばクリスマス・ソング、というよりもオーガニックかつフォーキーな楽曲で、オールシーズン楽しめる。もちろん15曲中11曲はクリスマス・ソング(あるいはニュー・イヤーソング)なので、コンピレーションとしてはクリスマスに寄せているといっても問題ない。Jack Johnsonの楽曲がちょっと変わっている、といった方が良いだろう。子供たちと楽しむ曲があれば、クリスマス・ソングをブルース調に仕立てたシブい曲もある。亭主がこのアルバムを聴いているのは5月真っ只中であるが、初夏の中聴いても全く違和感がないのは、楽曲の内容と構成にちょっとした(彼なりの)スパイスが効いているからだろう。

 観光客の財布のひもも緩むほどハッピーな雰囲気に包まれるハワイのクリスマス。亭主はホノルルマラソン参加のためかつては毎年のようにハワイを訪れ、その雰囲気を満喫していた。昨今はコロナ禍で渡航もままならないが、ぜひその雰囲気を体験してほしいところである。(2020.04.30)

 

2020年5月17日 (日)

05/17 日々雑感

コロナ禍で外出自粛が続くと、コンビニすらも出かけるのがはばかられるようになる。

在宅勤務、土日は家の雑事。ちょっと気晴らしにコンビニへ行きたい、と思っても、家族が咎めるようで、行きにくい。

週に2誌ほど読んでいる漫画雑誌の、あの連載の続きが気になる。どうしようかとつらつら考えるうち、電子版で読むことを思いついた。一誌は週刊少年ジャンプ、日曜日から日付を越えた0時過ぎにはネット経由で買えるだろうと「ジャンプブックストア」に行ったところサイトが重くてつながらない。巣ごもり需要か、それとも先駆けて読みたい人が多いのかはわからないが、多くの読者がアクセスしているようである。結局購入できたのは日をまたいで1:00頃、しかもすぐに寝てしまったため、結局読んだのはその日の夜であった。

サイトの重さは、客の賑わいである。少なくともECサイトではそういってもよかろう。

ジャンプの電子版がそれほど多くの人に読まれているとは知らなかった。少年誌は発行部数が激減して存続の危機だと言われていたのでこの賑わいはちょっと意外であった。この賑わいが願わくば収益向上に、ひいては漫画家さんの仕事に報いるように、亭主はただただ祈るばかりである。

ところでジャンプブックストアの亭主の本棚でもっとも古いジャンプは、2016年の第17号であった。鬼滅の刃は連載第7回目、まだBLEACHが連載中である。

ちなみにONE-PIECEとHUNTERxHUNTERは休載であった。

2020年5月13日 (水)

05/13 日々進捗

 本日、十天衆の一人、カトルの最終上限解放およびアーカルム召喚石・ジャッジメントのSSR化・5凸を完了した。

 だれも労ってくれないので自分で労うことにする。

 お疲れさんでした。

 ありがとうございました。

 アニメ「マナリアフレンズ」の特典としてヒヒイロカネおよび金剛晶が手に入ったため、それぞれ上限解放・SSR化が可能となった。ヒヒイロカネ・金剛晶ともに貴重品で、こういった機会でなければなかなか手に入れることができない。ヒヒイロカネによってカトルの最終上限解放、金剛晶によりジャッジメントのSSR化・5凸を完了。これで十天衆の最終上限解放は8人目、召喚石の5凸は6個目である。着実に前に進んでいることを実感している。

十天衆を加入した人数 10人
十天衆を最終上限解放した人数 8人(シエテ、ソーン、サラーサ、オクトー、ニオ、エッセル、ウーノ、カトル・解放順)
SSレアアーカルム召喚石 6個(The Sun, The Hanged Man, Death, The Star, The Moon, Judgement・SSR化順)
アーカルム召喚石 Lv200(5凸) 6個(The Sun, The Hanged Man, Death, The Star, The Moon, Judgement・完了順)
十賢者を加入した人数 2人(アラナン、ハーゼリーラ)

 十天衆の最終上限解放も残すところフュンフとシスの二人となった。来月開催される古戦場でフュンフ上限解放のための天星器を集めきり、古戦場の勲章報酬でヒヒイロカネを取得して上限解放・・・と行きたいところだが、多分勲章は間に合わないと思うので、とりあえず天聖器の収集・天星の欠片あつめに注力したい。

 アーカルム召喚石は、とりあえず攻撃力UP系の石6種を5凸したため、いったんインターバルを入れたいところだ。アーカルムイベントはとにかく素材が重く、仕込みに時間がかかる。現在は十賢者のカイムとカッツェリーラを加入させるための素材は集めきっていて、セフィラ玉髄がカイム分とカッツェ分入手できればどちらも加入可能。ただしこのセフィラ玉髄もまた金剛晶やヒヒイロカネと同じくらい入手が難しい。いったんおとなしく素材集めを進める予定。

2020年5月11日 (月)

05/10 日立サイクロンクリーナPV-BH900G

 自宅の掃除機が故障したため、ケーズデンキで日立のサイクロンクリーナー"PV-BH900G"を購入した。

 今はやりのスティックタイプ、3.5時間充電で10〜60分駆動する。重量は2.0kgと同価格帯では軽い部類だろうか。デザインも悪くない。当初はDysonの掃除機を見に行ったのだが、業務用と見紛うイカツイ形状に妻が引いた。形状がイカツイと重く見える。実際に重い。

 自宅でPV-BH900Gを使ってみた感想。きびきびと良く動く。ヘッドが自走するので軽く感じるが、そもそも本体も軽い。店頭で試用した製品の中には、ヘッドの自走で本体の重さを軽減させるものもあったがこのタイプは高いところや車内の清掃が苦手である。自走式でないかわりにヘッドがくるくると回るタイプは本体の重さがもろに利いてくる。またヘッドが回りやすいため直進安定性に難があったりもする。「本体の軽さ」は大きなアドバンテージになっている。

 一方、掃除機に最重要となる吸引力は充分(キャニスターと比べてはいけない)。家全体を掃除するにはバッテリーの持ちが気になるが、さっと取り出しさっと使うにはよい。実は故障したとされる自宅の掃除機は、交換部品を手配して引き続き使っていく予定。当分はスティックタイプとキャニスタータイプの併用となりそうだ。

 

続きを読む "05/10 日立サイクロンクリーナPV-BH900G" »

2020年5月 1日 (金)

05/01 【聴】Mal-4 / Mal Waldron, Prestige|Universal(UCCO-5358)

IMAGE

 NY出身のジャズ・ピアニスト、Mal Waldronの1958年アルバム。タイトルの通り自身4作目となるアルバム、Addison Farmer(Bass)、Kenny Dennis(Drums)のトリオ編成でシックかつモダンなジャズを聴かせる。全7曲。


 Mal Waldronといえば1959年にリリースした5作目"Left Alone"があまりにも有名で、とっちらかった人から「Mal Waldron?ああ、あのサックスの人」などというコメントが聞かれたりもする。いうまでもなくLeft Aloneでサックスを吹いていたのはJackie McLeanで、しかもMcLeanはアルバム中1曲にしか参加していない。印象というのはつくづくオソロシイものだという好例と言えるだろう。1958年といえば、John Coltraneの"Giant Steps"、Miles Davisの"Kind of Blue"などがリリースされるの前年で、「モード・ジャズ」など新たな風がジャズ界隈に吹き始めた頃でもある。Mal Waldronもまた本作においてモード・ジャズに取り組んでいて、まったりとしたピアノ・トリオからスリリングなモード進行まで、様々なジャンルの作品がこれ一枚で聴けるという、ある種のお得盤。いや、ジャズに「お得」もなにもあるものかという意見もあろうが、アルバムのなかで曲がどんどんと転換していく様は聴いていて楽しい。「ジャズを聴いている」という実感がヒシと湧いてくる。(2020.03.30)

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ