« 03/29 【聴】 Sega Ages Out Run -Music Collection- / SEGA, Wavemaster(WM-0761) | トップページ | 04/08 【読】「電気グルーヴのSound & Recording ~PRODUCTION INTERVIEWS 1992-2019 (リットーミュージック・ムック)」 »

2020年4月 3日 (金)

04/03 【聴】未知への飛翔 / Terje Rypdal - Miroslav Vitous - Jack Dejohnette, ECM|Polydor(POCJ-2818)

IMAGE


 ノルウェー出身のギター奏者テリエ・リピダルが、ベーシストのミロスラフ・ヴィトウス、ドラマーのジャック・ディジョネットとコラボして作り上げたクロスオーバー・ジャズの名作。1978年6月、オスロでの録音。ヨーロッパのジャズ/現代音楽レーベルECMより全6曲でリリースされた。なお、ヴィトウスはWeather Reportの初期メンバーの一人。ディジョネットは数多くのジャズ・ミュージシャンのアルバムに参加する名ドラマーである。「究極のドラマー」などとも呼ばれている。


 ECMレーベルの主軸ギタリストと目されるテリエ・リピダルが、クロスオーバーを意識して製作したアルバム。クロスオーバーといえば、チック・コリアが1972年にリリースしたReturn to Foreverがそもそもの発端で、以降このジャンルは急速メジャー化、ジャズ・シーンの中で一大勢力となる一方、フュージョンという名前でロックやポップ・ミュージックとのつながりを強めていく。一方、これはどんなジャンル(たとえばプログレッシヴロックやニューウェーヴなど)にも当てはまることなのだが、メジャー化されたジャンルは、一方でカウンターカルチャーへのつながりも強める。リピダルの本作がその好例で、インプロビゼーションやアンビエントの要素を取り込みつつ現代芸術のシーンへと接近した作品へと仕上がっている。


 なお、今回購入したアルバムは、1999年に'70 Groove ClassicsシリーズとしてPolydorから再発されたものだ。このシリーズの監修はGroove誌、デイヴ・リーブマンのDrum Ode、ゲイリー・バートンのMallet Manなども同時リリースされている。当時、これらの作品はどれも「クラブ・ミュージックの文脈」で読み解かれていたようだが、視点を固定する必要はまったくなく、むしろ先入観になってしまう危険性もあるので注意は必要。


 アルバムにおいてリピダルはギターのほかシンセを、ヴィトウスはベースのほかエレクトリック・ピアノを担当しており、変幻自在かつテクニカルな演奏が楽しめる。ディジョネットの緻密かつ複雑なドラムがアルバム全体をキリリと引き締めているのがなかなかヨイ。(2020.03.30)

« 03/29 【聴】 Sega Ages Out Run -Music Collection- / SEGA, Wavemaster(WM-0761) | トップページ | 04/08 【読】「電気グルーヴのSound & Recording ~PRODUCTION INTERVIEWS 1992-2019 (リットーミュージック・ムック)」 »

聴(軟)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 03/29 【聴】 Sega Ages Out Run -Music Collection- / SEGA, Wavemaster(WM-0761) | トップページ | 04/08 【読】「電気グルーヴのSound & Recording ~PRODUCTION INTERVIEWS 1992-2019 (リットーミュージック・ムック)」 »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ