« 03/21 日々雑感 | トップページ | 04/03 【聴】未知への飛翔 / Terje Rypdal - Miroslav Vitous - Jack Dejohnette, ECM|Polydor(POCJ-2818) »

2020年3月29日 (日)

03/29 【聴】 Sega Ages Out Run -Music Collection- / SEGA, Wavemaster(WM-0761)

IMAGE


 アウトランは、1986年にSEGAよりリリースされた3Dドライブゲーム。ビーチサイド、小麦畑、砂漠など季節感あふれる美しい風景のなかを、真っ赤なフェラーリ・テスタロッサで駆け抜ける爽快なドライビング・シミュレータとして人気を呼んだ。SEGA体感ゲームシリーズ第4弾。


 本アルバムは、初代アウトランおよびその直系となるタイトルに追加された曲を集めた決定版である。



  • 初代アウトラン(1986) Magical Sound Shower, Passing Breeze, Splash Wave, Last Wave

  • メガドライブ版(1991) Step on Beat(追加・新曲)

  • Nintendo 3DS版(2014) Crusing Line(追加・新曲), Camino a mi Amor(追加・新曲)

  • Nintendo Switch版(2019) Radiation(アウトラン2より), Midnight Highway(アウトラン3-Dより), Driver's Megamix Vol.1


 いわゆる派生バージョンであるTurbo Outrun, Outrunners, Outrun 2019の曲は収録されていない。直系のタイトルの楽曲に厳選したことで、初代の雰囲気を直接現在に伝える濃密なアルバムに仕上がっている。先に述べた10曲に、バージョン違い4曲、ボーナストラック1曲を加えた全15曲。


 本アルバムの売りは、なんといってもメガドライブ版にしか収録されていないオリジナル曲"Step on Beat"が収録されていることだろう。アウトランのアルバムはこれまでにも何タイトルかがリリースされているが、この曲が収録されているのはこのタイトルと、"Out Run 20th Anniversary Box"しかない。しかも後者は歴代すべてのタイトルを網羅した全11枚組、ネットでは2万円の値段がつけられている。買えるかっつーの。


 亭主のアウトラン初体験は1987年。当時入り浸っていた松本のキャロット(ナムコ直営のゲームセンター)にデラックス版があって、もっぱらそこでプレイしていた。当時からギアガチャなどの裏技は普及していたが、亭主はかたくなに筐体に優しい正攻法、コースを覚えてアクセルワークで切り抜ける、そんなプレイが身上であった。アウトランのBGMが収録されたSega Game Music Vol.1を購入したのもこの頃で、いつか自分の車を所有して、カーステレオでアウトランの曲をかけながらドライブしたいと思っていたものだ。


 当時のゲーム音楽といえばどちらかといえば無国籍で、ゲームの進捗に応じて場を盛り上げることが主たる役割だった。対するアウトランのBGMは、言ってみればカーラジオのチューニングを合わせたら飛び込んでくる「偶然の音楽」。おそらくは南欧であろうビーチの強い日差しを受け、カーラジオからのフュージョンのリズムに合わせて右へ左へとハンドルを切る、そんなドライブの醍醐味が体感できたのだ。(2020.03.27)

« 03/21 日々雑感 | トップページ | 04/03 【聴】未知への飛翔 / Terje Rypdal - Miroslav Vitous - Jack Dejohnette, ECM|Polydor(POCJ-2818) »

聴(軟)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 03/21 日々雑感 | トップページ | 04/03 【聴】未知への飛翔 / Terje Rypdal - Miroslav Vitous - Jack Dejohnette, ECM|Polydor(POCJ-2818) »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ