« 11/07 日々進捗 | トップページ | 11/11 【食】拉麺ほそや(茨城県日立市) »

2019年11月 8日 (金)

11/08 【聴】Transmission Suite / 808 State, Ingrooves(808STATE006CD)

IMAGE

 Graham MasseyとAndy Barkerの二人からなるアシッド・テクノのユニット、808 Stateの最新アルバム。マンチェスター系の元祖として、80年代から活動を続けるベテランが17年ぶりにリリースしたアルバムとのこと。全15曲。

 TR-808を駆使したテクノ・サウンド。マッシブなシンセの音色と、キャッチ―なメロディが交錯する、どこか懐かしいサウンドに仕上がっている。この頃のテクノ/エレクトロニカといえばどれも辛口かつストイックで、クラブなどで雰囲気に合わせて体を動かすには良いのだけれど、オーディオシステムで聴くと意外と耳に残らない、没個性なものが多かった。原因はなんだろうとつらつら考えてみるに、なんというか、作りてが「キャッチー」をあえて避けている感じがしてならない。言い換えるならば「あざとさ」、例えばあえてネタに走ってみたり、 ベタなフレーズを奏でてみたりといった「遊び」の部分がずいぶんと少なくて、亭主などは率直に「つまらない」と感じてしまうのだ。

 対する808 Stateの本作は、ベタな部分をあえて狙って「三枚目」な雰囲気を醸し出している。かつてのテクノといえばこんな三枚目な作風が多かったし、マンチェスターとか、コーンウォールとか、シーンの中でもバリエーションがあった。今はシーンそのものが失われていたり(というか別の場所に移ってしまったり)、盛りあがりの期間が極端に短かったりする。17年ぶりのアルバムリリースは確かにうれしい話なのだが、さて彼らはどこで活躍しているのだろう、彼らの周囲にどんなシーンがあるのだろうと見渡しても、一向にシーンが見えてこないあたりが残念である。

 亭主はかつてYMOの散開で長らくテクノの潮流を見失い、あれこれさまよった経験がある。Ken IshiiのJerry Tones、Derrick MayやJuan Atkinsのデトロイト・テクノに出会うまでは、本当に暗黒時代が続いていた。現在もまたテクノの潮流を見失っている真っ只中である。Youtubeやタワレコの店頭にテクノの小さな流れが見受けられるものの、メインストリームとなるにはまだまだ時間がかかりそうだ(2019.10.29)

 

« 11/07 日々進捗 | トップページ | 11/11 【食】拉麺ほそや(茨城県日立市) »

聴(軟)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 11/07 日々進捗 | トップページ | 11/11 【食】拉麺ほそや(茨城県日立市) »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ