« 11/08 【聴】Transmission Suite / 808 State, Ingrooves(808STATE006CD) | トップページ | 11/11 日々進捗 »

2019年11月11日 (月)

11/11 【食】拉麺ほそや(茨城県日立市)

 5cc306e5d70f487ba97833d78e6e632c

 拉麺ほそやで、期間限定の豚骨醤油ラーメンを食べた。

 もともと「ほそや」はあっさり魚介系ラーメンが得意で、「鯛ラーメン」や「海老塩ラーメン」が亭主のお気に入りである。メニュー開発にも力を入れていて、味噌ラーメンやまぜそばなども試行している。豚骨醤油ラーメンもまたメニュー開発の一貫だろう。

 ただ、今回食べた豚骨醤油ラーメン、期間限定といいつつかなり力が入っていた。家系ラーメンと同様に中太麺を使っているし、チャーシューもスープにしっかりマッチした力強い味わいとなっている。スープは、家系のようなけもの臭さがなく、「豚骨スープ」に「醤油ダレ」をシンプルにあわせたもの。家系ラーメンの再現というわけではないので念のため。

 個人的には「ああ、忠実に、丁寧に作ったなぁ」という感想。他の店にも言えることだが、豚骨醤油ラーメンもまじめに作ると、本当に「まじめ」な味がする。スープの味が一本気で、ぶれることがない。本場の家系のスープが荒々しく感じられるのは、使っている豚骨のためだろうか。それともふんだんに使われる脂だろうか。よくわからないがほそやのそれとは確実に違う。どちらが美味いかといえば、どちらも美味い。ただ、家系の美味さは「けもの臭さ」というリスクを含んでの美味さである。家系は「畜臭」や「脂っぽさ」という必ずしも万人に好かれるわけではない味を看板にする。対するほそやの豚骨醤油はリスクを徹底的に排除した、万人が好む味である。

 今回は、期間限定というお得感も相まって、個人的にはおいしくいただいた。ただし一度食べたら病みつきになるような魔性の魅力を持った味かといえば、そうでもない。そのテの味はむしろ家系が得意とする領分である。

 結婚して以来、亭主はラーメン探訪を止めているので、ラーメンについて語れることはさほど多くない。どこに新店ができたかも、最近のラーメンのムーブメントにも興味がない。時々食べにいくとするならば(都内ならば)天下一品か、(地元ならば)山岡家くらいである。貴重な一食を「当たり外れ」で浪費したくないという気持ちもあるし、そもそもすばらしい味を求めてもいない。亭主の中では、及第点ならば同じ店で十分なのだ。

 だがほそやは、そんな情熱の冷め切った亭主のラーメン人生においては別格の位置を占めるラーメン店である。妻が留守の時などに時々「食べにいこうかな」と思いたつ。そして安定して美味い。そんな中で、亭主がラーメンにこだわるきっかけとなった「豚骨醤油ラーメン」が期間限定で登場したならば、これはもう食べない理由がないではないか。

« 11/08 【聴】Transmission Suite / 808 State, Ingrooves(808STATE006CD) | トップページ | 11/11 日々進捗 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 11/08 【聴】Transmission Suite / 808 State, Ingrooves(808STATE006CD) | トップページ | 11/11 日々進捗 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ