« 10/30 日々進捗 | トップページ | 11/01 日々進捗 »

2019年10月30日 (水)

10/30 【硬】BOSE 120 Westborough

Img_8268

 ハードオフのネットモールで、BOSE 120 Westboroughを購入した。

 亭主は以前にハードオフ上野御徒町店で現品を確認していて、数回通ったのち購入を決意した。BOSE 120は、亭主がかつてお世話になっていたオーディオ店「ジュピター」にあって、お店でちょくちょく試聴していた。当時から小型スピーカには見合わない朗々たるサウンド、アメリカらしい颯爽とした音に魅力を感じていて、おおよそ20年越しの購入となった。

 BOSE 120の詳細はこちらに詳しい。

 120の特徴は大きく分けて3つ。BOSE製品らしからぬ異形のルックス、前面に並んだバスレフダクト、そしてスピーカネットをはずすと現れる星形のスピーカ・コーン。異形のルックスはさておき、バスレフと星形のコーンが120のサウンドのすべて、颯爽としたアメリカンサウンドを物語っている。おそらく初めて聞く人は、その小さな筐体からこんな音が出ると俄には信じないだろう。中高域から低域までを量感たっぷりに、伸びやかに、そして一点の曇りもなく再生する。コンシューマ用としては「これで充分、これで完結」する音と言って良い。

 しょうさんが1000ZXLちゃんねるで書いているように、BOSEのスピーカは「正確にセッティングして、中央ポジションで聞く」よりも「そのへんに適当に設置して生活音の中に溶け込ませる」と「非常にいい感じで」聞くことができる。オーディオ用途に限定するよりもYoutubeやネットラジオなどを聞いても良いしPC用スピーカとしてもTV用スピーカとしても申し分ない。亭主も現在はちょい高い位置に置いて、上から下へと音を降らせるように聴いている(120の底面にはねじ穴があいていて専用部品で天吊りができるのであながち間違ったセッティングではない)。もちろん小型アンプと組み合わせてミニコン風としても良い。アクの強いルックスのスピーカと並べて違和感のないデザインのアンプがどれだけあるかはちょっとわからないがーーー。

 BOSEのラインナップのなかでもちょっと変わったスペックを持つ120。後継機が出たという話もなく、どちらかといえば「イロモノ」的な扱いを受けがちなスピーカであるが、出音は間違いなく「ホンモノ」である。

« 10/30 日々進捗 | トップページ | 11/01 日々進捗 »

聴(硬)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 10/30 日々進捗 | トップページ | 11/01 日々進捗 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ