« 10/24 【聴】City Folklore / Hiroshi Takano, Sunburst(SBST-009) | トップページ | 10/30 日々進捗 »

2019年10月27日 (日)

10/27 CDと音楽業界とオーディオの将来を妄想する

奥田民生「CDはなくなるでしょうね」YouTuberとして活動する理由語る(マイナビニュース)

そのうち埋もれてしまうと思うが、一応クリップしておく。

実際亭主も、CDは購入しても聞くのはだいたいリッピングしたデジタルデータだったりするので、CDが早晩なくなるだろう、という意見にはおおむね同意する(亭主が望むと望まざるとにかかわらずだ)。しかしこれは、CDの終焉、というよりは、CDをメディアとしたビジネススキームが成り立たなくなるということを意味しているわけで、音楽は依然としてメディアの上にあって、作り手も聴き手もそのメディアを介して音楽を楽しむということでもある。

メディアがCDではなく、たとえばYoutubeやハイレゾ音源のサイトとなるというのは、近未来のビジョンとして容易に想像可能である。おそらく5Gが普及し、大容量データが高速にやりとりできるようになったら、音楽データは常にサーバ側、配信側にあって、聴き手は聴きたい音楽を聴きたいときにサーバからストリーミングで聴くことになるだろう。A面/B面、アルバム/シングルという単位は存在せず、音楽の単位は「曲」と「プレイリスト」になる(実はすでにそうなっている)。聴き手は「曲」を選ぶか、配信側が自動的にアレンジした「プレイリスト」を聴くことになる(すでにそうだ)。亭主が期待したいのは「プレイリスト」を自動作成する際のバリエーションで、いわゆるアーティストやレーベルといった単位だけでなく、ベストアルバム、コンピレーション、アンソロジー、気分に合わせた音楽、過去に聴いた曲、マイベストなど、聴き手の様々なニーズにこたえてくれることを期待している。GoogleやAmazonならばできることだろう。

CDはメディアの主力から外れるだろうが、クラシックやジャズ、また往年のロックなどではこれからも現役であり続けるだろう。新しいタイトルは出ないかもしれないが、レコード会社に存在する無尽蔵の音源データは、再販という形で何度でもユーザに提供され続けるだろう。店舗の数は激減するが、衰退を免れたアナログや、アーティストグッズ販売、インストアライブなどを組み合わせることで生き残る店舗もあるだろう。ただし、すべての音楽がCD(あるいはアナログやカセットなどのパッケージメディア)となる時代はもう来ないだろう。

アーティストは(リンク先の奥田民生のように)Youtubeなどを拠点に活動するか、Soundcloudなどの音楽配信サイトやレーベルが立ち上げたサイトで音楽を発表することになるだろう。ただし利益を確保するためには、より大きなサイト、人の集まるサイトで活動する必要がある。ライブやアーティストグッズなどと組み合わせたビジネスモデルとなるが、もはやレコード会社はその中には必須ではない(アーティストをマネジメントする会社は必要だろうが)。1980~2000年頃まで続いた「音楽」というビッグ・ビジネスはどんどん衰退し、小規模かつニッチなものとなると予想している。利益がシュリンクするなかでレコード会社のような巨大組織を維持させるのはかなり難しく、レコード会社もまたクラシックやジャズといった分野を中心として事業規模を限定することになるだろう。

最後に音楽を再生する手段、オーディオに関しては、レガシイとしてのCDプレーヤは残るものの、主力はPCオーディオ(PCからの音楽データをアンプに送る)、ネットワークオーディオ(NASなどに保存されている音楽データをアンプに送る)に移る(すでにそれがあたりまえになっている)。もう一つ、レコード会社や音楽配信業者のサイトからネットワーク経由で直接音楽をアンプに送るオーディオ機器も登場するだろう。オーディオというのはなかなか特異な分野で、世の中がデジタル化、小型化に動くと、コイルのように逆起電力が働きアナログプレーヤや真空管アンプの人気が再燃する。デジタルだが、真空管やオーディオ用コンデンサの特性をシミュレーションした「真空管アンプエミュレータ」が登場するかもしれない。最近のスピーカはどれもこれも性能が良いかわりに個性に乏しいので、未来のスピーカもまた個性に乏しいものばかりを想像してしまう。いっそスピーカだけはどんどん個性化していってほしい。マーチンローガンやマグネパン、ラウザーやJBLなど個性的な方式、デザインのものが百花繚乱していってくれることを期待している。

なんでもかんでもデジタル化され、高効率かつ小型化されていくなかで、スピーカくらいは羽目を外していってほしいものだ。

« 10/24 【聴】City Folklore / Hiroshi Takano, Sunburst(SBST-009) | トップページ | 10/30 日々進捗 »

雑談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 10/24 【聴】City Folklore / Hiroshi Takano, Sunburst(SBST-009) | トップページ | 10/30 日々進捗 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ