« 09/18 【聴】Service / YMO, SONY GT(MCHL-10119) | トップページ | 09/20 日々雑感 »

2019年9月19日 (木)

09/19 【聴】After Service / YMO, SONY GT(MCHL-10120-10121)

IMAGE

 YMOのオフィシャル9枚目となるアルバム。結成40周年を記念したSACDとのハイブリッドディスクとしてBob Ludwigのデジタル・リマスタリングが施されている。ファイナルとなった散開ライブの様子を2枚組CDに収録している。途中ドラマーがユキヒロさんからデヴィッド・パーマー(ABC)に交代、以降ユキヒロさんはヴォーカルに専念する様子は映画「プロパガンダ(監督佐藤信)」にも収録されていて、当時ファンの間でも「新メンバー登場か!?」と話題になった。1983年リリース。ライブで演奏される楽曲はYMO歴代の人気曲19曲だが、ライブ用にアレンジがなされているせいかオリジナルを好む人にとってはちょっとベタな演奏、フュージョン的なアレンジに聞こえるかもしれない。


 亭主がこのアルバムを聴いたのは、アルバム発売からかなり時間が下ってのことだ。当時亭主は学生で、月の仕送りのなかからCDを買うのを唯一の楽しみにしていた。アルバムを買うタイミングが遅れた理由はずばり、亭主が清貧生活を送っていたから。毎月の仕送りをやりくりしてなんとか生活していた亭主にとって、他のアルバムと収録曲にダブりの多いライブアルバムを購入する意義は乏しかった。サーヴィス、そしてアフター・サーヴィス、さらにコンプリート・サーヴィスと、似たようなアルバムが立て続けにリリースされていたのも購入を見送らせる理由の一つだった。常に金欠だった亭主にはこれらリリースを「アルファ商法」などと揶揄する気概は毛頭なく、まあいつかは買うんだろうなぁ、どこのレコ屋にも売っているくらい潤沢に在庫があるんだからなぁ、などと緊張感のないことを考えていた。ただ先送りにするのにも限度というものがあったようだ。今、巷をぐるり眺めまわしてみるにCD店そのものがなくなっている。在庫以前に店そのものが消えてしまうなど、本アルバムリリース当時の1980年代の日本のなかでいったい誰が予想できただろう。


 嘆き節はさておいて、個人的にはこのアルバム、あるいは散開ライブの演奏はあまり好みではない。ライブ演奏に特化したからであろうか、シンセの音色がオリジナルとかなりかけ離れていて、アルバム/ライブ全般に統一感を持たせている一方、オリジナルのような音色へのこだわりや楽曲の作りこみがないがしろになっている(ように聴こえる)からだ。音色やアレンジへの違和感は2019年となった現在も変わらない。(2019.08.28)

« 09/18 【聴】Service / YMO, SONY GT(MCHL-10119) | トップページ | 09/20 日々雑感 »

聴(軟)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 09/18 【聴】Service / YMO, SONY GT(MCHL-10119) | トップページ | 09/20 日々雑感 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ