« 04/27 日々雑感 | トップページ | 04/30 日々雑感 »

2019年4月27日 (土)

04/27 日々雑感(2)

ところでもうすぐ元号が変わるそうで、世間は(テレビを中心として)なんやかやとざわついている。

亭主の勤め先も一応「10連休」なのだが、ゴールデンウィークの大渋滞を避けてずっと自宅にいる予定である。ゴールデンウィークのお出かけは先週の土日、実家への帰省として済ませている。その翌々日が人間ドックだった。とにかく精神的にも肉体的にも休息しないと体がもたない。

亭主にとって「平成」という時代は、とにかくざわついた時代であった。バブル景気やリーマンショックなどの物価の乱高下、阪神淡路大震災や東日本大震災、熊本地震、北海道での大地震などの天変地異、それに地下鉄サリン事件やアメリカ同時多発テロ、イスラム国の台頭など新たな世界的脅威に脅かされた時代だった、と書いて、否定できる人はおそらくいないだろう。インターネットやスマホ、高速道路や新幹線の開通など暮らしやすさは向上した。しかしその反面生きていくことが難しい時代にもなった。

新たな元号「令和」で始まる時代がどんな時代になるか、なってほしいかと妻に問われて、「とにかく平穏無事であってほしい」と答えた。多分無理だろうが、そう答えるしかないと思った。

日本は平成に到来した2度のバブルを通じて絶頂期を迎え、今はかつての絶頂期から徐々に衰退していく時期にある。社会が徐々に衰退していくなかで我々はこれまで広げてきた風呂敷をどうたたむか、新たな風呂敷を広げるべきか否かを選択していく時期であると考えている。

« 04/27 日々雑感 | トップページ | 04/30 日々雑感 »

雑談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 04/27 日々雑感 | トップページ | 04/30 日々雑感 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ