« 04/17 【読】「電気グルーヴのメロン牧場・花嫁は死神6(電気グルーヴ、ロッキング・オン)」 | トップページ | 04/25 日々雑感 »

2019年4月25日 (木)

04/24 【聴】 Beyond the Moment / Miklos Ganyi Trio, 澤野工房(AS-157)

IMAGE

 ハンガリー出身のピアニスト、Miklos Ganyi(ミクロス・ガニ)によるピアノ・トリオのアルバム。ベースにChristian "Pecek" Lakatos, ドラムにAndras "Pecek" Lakatosの兄弟を迎え、軽快なスタンダードナンバーを聴かせる。全11曲。なお本作はMiklos自身が澤野商会に直接売り込みをかけた作品とのこと。

 "Someday My Prince Will Come"、"My Funny Valentine"、そして"Autumn Leaves"。有名曲が並ぶ本作。特に"Poinciana(Nat Simon)"が入っているのが個人的にはうれしくて、この曲だけでももう買った価値あり!Miklos Ganyiイイ!と無邪気に思ってしまうあたりが亭主である。ただ冷静に聴いてみると、なんというか全体的に淡々とした曲調、どの曲もわりと坦々と演奏しているあたりが気になってくる。特にM10"If I Should Lose You"、M11"Autumn Leaves"の2曲は叙情豊かに演奏されることを期待したのだが、格別テンポがゆったりするわけでも、ピアノタッチに逡巡が入るわけでもなく、どちらかといえばヨーロピアン・ジャズ的な端正な演奏でまとめている。若干28歳、まだまだこれから伸びしろのあるアーティストである。Bill Evansのような内省的な演奏が正解というわけでもないし、上原ひろみのようなトリッキーな演奏でインパクトを求めるわけでもないが、新人としての、Miklosなりの尖った個性があってもよいかなと思ったりもする。アレンジにちょっとした遊び心、端正な中にもちょっとした違和感があるので、このあたりを個性として伸ばしていったら面白いかな、などと無責任に思っている。(2019.04.05)

« 04/17 【読】「電気グルーヴのメロン牧場・花嫁は死神6(電気グルーヴ、ロッキング・オン)」 | トップページ | 04/25 日々雑感 »

聴(軟)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 04/17 【読】「電気グルーヴのメロン牧場・花嫁は死神6(電気グルーヴ、ロッキング・オン)」 | トップページ | 04/25 日々雑感 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ