« 04/25 日々雑感 | トップページ | 04/27 日々雑感(2) »

2019年4月27日 (土)

04/27 日々雑感

このところ、自宅のフレッツ光の通信速度が目に見えて低下している。

下り(ダウンロード)が2.20M~1.06Mbpsというのは、はっきりいってADSLのレベルである。通常のブラウジングには問題ないかもしれないが、ちょっと凝ったサイトであるとか、Youtubeなどを見ようとすると途中で読み込みが止まる。この現象は亭主の家のすべてのネットワーク機器(PCやスマホ、タブレット)で見られ、事情を呑み込めていない妻は半ばキレ気味になっている。

通信速度の改善にとサイトを眺めていると、ここ数年の「ドコモ光」の普及によってフレッツの帯域が食いつぶされているという意見があって興味深く読んだのだが、このサイトがnuno光の宣伝サイトであることからどこまで信頼してよいかは正直わからない。他社サービス推しであっても正しい情報が記載されているのであれば参考にすべきだし、それ以外のサイト(フレッツ光が遅いときの対処法、と称してパソコンのネットワーク設定や無線LANルータの設定から始まる内容のないサイト)に比べたら具体的に問題を捉えていて、真偽はともかく一つの見識として参考にできる。

こうなると何が正しいかはわからないながらも、フレッツ光の速度低下が、多くのネットユーザーに指摘される問題であることは間違いないらしい。いわゆる亭主だけで閉じる問題でないとすれば選択肢は二つ、すなわちNTTによって事態が改善されるのを待ち続けるか、それともさっさと他の光接続サービスに乗り換えるかだ。地元のケーブルテレビに加入するか、亭主が使っているスマホ(au)の光接続サービスに寄せるか、それともNunoといったその他光速通信サービスを利用するか。値段と品質とを天秤にかけるか、それとも地元やスマホといったしがらみを使うか、このあたりが選択のポイントになりそうだ。

 

« 04/25 日々雑感 | トップページ | 04/27 日々雑感(2) »

インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 04/25 日々雑感 | トップページ | 04/27 日々雑感(2) »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ