« 03/24 【聴】A Salty Dog / Procol Harum, Esoteric Recordings(ECLEC-22503) | トップページ | 04/04 ご連絡 »

2019年3月26日 (火)

03/26 日々雑感

このところ、YMO関連のアルバム再発が続いている。


Yellow Magic Orchestra, Solid State Survivorほか、YMOの歴代アルバムがSACDハイブリッドで再発されていて、SACDプレーヤを持っていない亭主にとっては無駄遣い以外のなにものでもない。ライナーノーツに新たな記事が追加されているだの、デジタルリマスターで音質が向上しているだのと売り文句は盛大だが、肝心のSACDが無ければ音質向上もへったくれもないのである。こんなことを言ってはまずいのかもしれないが、「あとで買い逃して後悔しないように今買っている」。YMOの再発盤を買う理由はこれに尽きる。いや、YMOの再発ならば、アルバムの枚数もたかが知れている。計画的にリリースされるのであればその時々の楽しみとして購入しても良い。その程度の前向きな理由は持ち合わせているつもりだ。


ところが先日、Amazonのマイリストを覗いていたら、細野さんのPhilharmonyも再発されるというではないか。すでに細野さんはHosono HouseのセルフカヴァーであるHochono Houseをリリースしている。そういえばユキヒロさんもセルフカヴァー作Saravah! Saravah!をリリースしているので、ここらで一気に旧作が再発になるのかもしれない。探してみると坂本さんの千のナイフも再発される。細野さんのはらいそや、ユキヒロさんの薔薇色の明日も再発される。これはいかんと夢中になってAmazonのカートにCDを突っ込んでいたが、ふと我に返ってカートからすべてのアイテムを削除した。再発ラッシュにまんまと乗せられ、軽いパニックに陥っていたようだ。


再発が悪いというわけではない。手に入りにくくなった旧作ではなく、再発で新たなファンを獲得するのは良いことだ。リマスタリングで音質を向上させるのも付加価値としてはまっとうだろう。しかし、すでにアルバムを所有している古くからのファンにとっては、再発盤の購入は二重投資、三重投資になる。なにしろ細野さんも坂本さんも、ユキヒロさんも尋常でない数のアルバムをリリースしている。これらすべてが再発の対象だというならば、亭主にはそれを買うだけの金も、買った後アルバムを保管するためのCDラックもない。


その昔、行きつけだったCD店の常連客に「カタログ買い」をする人がいて、月に一度CDジャーナルを持って現れては「ここ(と新譜情報の一部を指さす)から、ここ(と別の部分を指す)まで買いますと言っていたのを思い出す。この常連客が聴いていたのはもっぱらジャズだった。ジャズやクラシックならばカタログ買いや、「ここから、ここまで」といった大量購入もありかもしれない。しかしそれにしたって自宅に同じアルバムが2枚、3枚と重複するのは金と置き場所と聴く時間の無駄にならないだろうか。


とりあえず他人のことは良い、と気を取り直す。アルバム未収録のボーナストラックが追加されているとか、未収録作品やアレンジバージョンをまとめたDisc 2が同梱されているなどといったら、それだけを目当てに買うというのも理由の一つだろう。あえて1曲、2曲オリジナルに加えてくるというのも(多少姑息ではあるが)販売戦略の一つと理解しつつ、それでもなおモヤモヤとする亭主である。

« 03/24 【聴】A Salty Dog / Procol Harum, Esoteric Recordings(ECLEC-22503) | トップページ | 04/04 ご連絡 »

雑談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 03/24 【聴】A Salty Dog / Procol Harum, Esoteric Recordings(ECLEC-22503) | トップページ | 04/04 ご連絡 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ