« 01/29 【聴】 Magical Galaxy Tour EP / YMCK, Not(NOT-0018) | トップページ | 02/01 【聴】 三十 / Denki Groove, Ki/oon Sony(KSCL-3130-1) »

2019年1月30日 (水)

01/30 【聴】 Translucent Red / Walter Lang Trio, Sawano(AS-164)

IMAGE

 Walster Lang(Piano)をリーダーに、Thomas Markusson(Bass)、Sebastian Merk(Drums)のトリオ編成によるアルバム。全13曲、Garshwinの"I Love You, Porgy"のカヴァーを含む。大阪は新世界で履物屋を営むインディペンデント・ジャズ・レーベル、澤野商会からのリリース。


 たしかWalter Langのアルバムは、亭主はこれが初めてだったように記憶している。ジャズという形式にとらわれない自由な作風、ポピュラー音楽であったり、坂本龍一ばりの実験音楽であったり、あるいはスムージーなイージーリスニングだったりと各曲のテイストは様々なだが、全体としては聴き疲れのしない、肩ひじの張らない曲がそろっている。Walter自身は親日家だそうで、日本の音楽シーンに合わせた演奏、選曲になっているのだろうか。たとえばポピュラー音楽風の作品はベースをコントラバスからウッドベースに変え、エッジの際立ったベース・プレイでドライブ感を演出している。ドラムの奏法またジャズにとらわれず、ポップス的なオカズを入れてみたり現代音楽を意識してみたりと相当に自由である。ジャズ・レーベルからのリリースであれば中身は自然とジャズ、となろうものなのに、聴き手の予想を超えしかも美しい作品に仕上がっているというのはこれはもう新鮮に驚きだ。


そういえばこのアルバム、上野駅のAngerという雑貨店で購入したものであるが、このアルバムがBGMとしてかかっていて澤野からのアルバムであると最初は全く分からなかった。あまりにスタイリッシュでリラクシンな作風に、どこかのイージーリスニング系グッド・ミュージックを再生しているのかと思ったくらいだ。結果的にはこのアルバムを購入しているわけだが、何度聞いてもこのアルバムがジャズ・レーベルからのリリースであると信じられずにいる。ジャズという音楽がヨーロッパで拡大再解釈された結果、このようなグッド・ミュージックに至ったというのは若干理由付けとして無理があるようで、最初にあるのはおそらくアーティスト、そしてアーティストの奏でる音楽に聴き手が勝手な思い込みでジャンル分けをしているというのが、実際のところなのかもしれない。(2019.01.21)

« 01/29 【聴】 Magical Galaxy Tour EP / YMCK, Not(NOT-0018) | トップページ | 02/01 【聴】 三十 / Denki Groove, Ki/oon Sony(KSCL-3130-1) »

聴(軟)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 01/30 【聴】 Translucent Red / Walter Lang Trio, Sawano(AS-164):

« 01/29 【聴】 Magical Galaxy Tour EP / YMCK, Not(NOT-0018) | トップページ | 02/01 【聴】 三十 / Denki Groove, Ki/oon Sony(KSCL-3130-1) »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ