« 12/18 【読】 「あなたの犬は幸せですか-Cesar's Way-(シーザー・ミラン+メリッサ・ジョー・ペルティエ、講談社)」 | トップページ | 12/24 【読】 「澤野工房物語(澤野由明、DU Books)」 »

2018年12月19日 (水)

12/19 【聴】 Untitled / 嵐, JStorm(JACA-5683,5684)

IMAGE

 嵐の(現時点での)最新アルバム。2017年10月リリースで限定盤は2枚組とのことだが、Disc 2はDVDで楽曲のメイキング映像(ボーナストラックが入ったCD盤もあるようである)。リオオリンピックテーマソング"Power of the Paradise"、相葉雅紀主演のドラマ「貴族探偵」メインテーマ"I'll be there"、大野智主演映画「忍びの国」メインテーマ「つなぐ」など、全11曲。なおM11"Song for You"は嵐初の組曲。11分という長尺は嵐のアルバムでは最長とのこと。


 亭主が嵐の他のアルバムに対して特にコメントをしないのは、亭主自身嵐のことをよく知らず、また彼らの曲を含むJ-Pop全般に対して語る言葉を持たないからにすぎない。これまで積極的にJ-Popを聴かなかったのは単純に「あえて聞かずともテレビなどで自然に耳にするから」であった。格別嫌いというわけでもないし、好きというわけでもない。否定もしないが肯定もしない。たとえていうならば、亭主の走る列車の線路の隣に、別の路線の線路があるようなものだ。交わりもしないし、そちらの路線に移ってやろうという野心も好奇心もない。


 本アルバムを購入したのは、純粋に妻が嵐のファンだったからだが、聴いてみるとなんというか、ドラマティックに格好良い。アレンジがいかにもJ-Pop的というか、オケありシンセありという豪華なつくりをしていて、演奏する人たちのカオが見えないのは気になったが、なかなかどうして気持ち良い部分はしっかり気持ち良いし、格好良い部分はしっかりとキメてくれる。一部歌詞には嵐のメンバーが関わっているものの、作詞も作曲も知らない名前ばかりでこちらもカオが見えない。しかし、顔が見えなくとも一向に問題はない。なにしろこのアルバムは「嵐」のアルバムなのだ。


 妻が買ったからという理由だけで亭主もなんとなく聴いているが、そのなんとなくが1週間、10日、半月となり、いつのまにか1ヶ月も続いている。疲れたときや、なんとなく気分が滅入っているときに聴くと、まるでカンフル剤のように心が奮い立ち、内向きだった気持ちが外へ、外へと向かいだす。これがアイドルのパワー、アイドルが歌う歌のパワーなのかと、会社に向かう車の中、フロントガラスに降り注ぐ太陽の光を浴びていると、なんだか世界が輝いて見えるから不思議なのだ(2018.11.23)

« 12/18 【読】 「あなたの犬は幸せですか-Cesar's Way-(シーザー・ミラン+メリッサ・ジョー・ペルティエ、講談社)」 | トップページ | 12/24 【読】 「澤野工房物語(澤野由明、DU Books)」 »

聴(軟)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12/19 【聴】 Untitled / 嵐, JStorm(JACA-5683,5684):

« 12/18 【読】 「あなたの犬は幸せですか-Cesar's Way-(シーザー・ミラン+メリッサ・ジョー・ペルティエ、講談社)」 | トップページ | 12/24 【読】 「澤野工房物語(澤野由明、DU Books)」 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ