« 12/12 日々雑感 | トップページ | 12/14 【読】 「敗戦後論(加藤典洋、ちくま学芸文庫)」 »

2018年12月13日 (木)

12/13 日々雑感

昔、ある者が智者の家を訪れこう尋ねた。

「世の中には、様々なニュースが溢れ、また様々な意見が述べられています」

「FacebookやTwitterなど意見を述べる方法はたくさんあるのに、どうして先生は何も語らないのですか」

と。

すると、智者はあるものにこう言った。

「見識のある者の優れた意見には、それ以上語る言葉が見つからず、愚かなもののとるに足らない意見は、自らへの戒めとなる。だから私は何も言わないのだ」

と。

すると、あるものは智者に再びこう尋ねた。

「ですが、見識のある人の意見にも、間違いがありましょう。また愚かな人の語る意見にも、正しいことがあるでしょう」

智者は再び言った。

「見識のある者の意見が誤りであり、愚かな者が正しいと、誰が知っているだろうか。物事が正しいかどうかは天の知るところにある」


ある者は大きくうなずいて智者の家から帰ったが、そののちTwitterでの発言が炎上し死んでしまった。智者はある者の訃報をきいて落胆したがそれ以上なにも語らなかったという。

« 12/12 日々雑感 | トップページ | 12/14 【読】 「敗戦後論(加藤典洋、ちくま学芸文庫)」 »

雑談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12/13 日々雑感:

« 12/12 日々雑感 | トップページ | 12/14 【読】 「敗戦後論(加藤典洋、ちくま学芸文庫)」 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ