« 11/26 日々雑感 | トップページ | 11/30 日々雑感 »

2018年11月28日 (水)

11/28 【聴】 ジョリッツ暴発 / ジョリッツ, Pearlnet Records(PEAR-2005)

IMAGE

 サエキけんぞう、泉水敏郎、吉田仁郎、亀、オカジママリコの5人からなるバンド、ジョリッツのセカンドアルバム。前身であったハルメンズX、さらにさかのぼってハルメンズの流れを汲むキッチュなポップ・ミュージックが全編に展開される。ハルメンズの楽曲「ナルシスティック」を含む全11曲。


 パール兄弟解散以降、なにやらいろいろと画策していた模様のサエキけんぞう。フレンチ・ポップに傾倒してみたり、謎のプロデュース業にいそしんでみたりとファンにとっては挙動不審が目立つ時期もあった。ところがここへきて、ハルメンズX、パール兄弟再結成(しかも5人のユニットとして)、ジョリッツとプロジェクトが続々立ち上がり、しかもどのプロジェクトもアグレッシヴである。それまでの雌伏がまるで嘘のような活発さに、ファンとしては多少いぶかしいところがあったわけでもない。サエキさんもそろそろいい年である。ヴォーカルなどとフロントに出ずとも、プロデューサとして十分に活躍できる年齢。しかしどの作品でも彼はフロントマンとして躍動していて、しかも全く衰えていない。ベテランの泉水に若手3人を加えたバンド編成に、サエキさんまだまだやる気かよと、少し驚き、少しうれしく思い、そして少し呆れたというのが正直な感想だ。


 実際、ジョリッツというバンドは、メンバーだけでなく楽曲としても若い。「ジョリッツ暴発」「ジョリッツ・ウォンチュー」といった自己肯定感満載な曲に、若者特有の根拠のないテンションを感じるサエキ、泉水といったベテラン勢に、PCゲーム音楽家でギタリストの吉田、ぐしゃ人間の亀、カストルファンクラブのオカジマと若い力が加わって、かつてのハルメンズにあった音楽への初期衝動を見事に体現する。サエキによる独特の歌詞も健在である。これからの活躍がますます楽しみなジョリッツ、亭主も引き続き応援していきたい(2018.11.09)

« 11/26 日々雑感 | トップページ | 11/30 日々雑感 »

聴(軟)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602237/67429759

この記事へのトラックバック一覧です: 11/28 【聴】 ジョリッツ暴発 / ジョリッツ, Pearlnet Records(PEAR-2005):

« 11/26 日々雑感 | トップページ | 11/30 日々雑感 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ