« 09/28 日々雑感(3) | トップページ | 09/30 【聴】 No Nukes 2012 / Yellow Magic Orchestra, Commmons(RZCM-59939) »

2018年9月29日 (土)

09/29 【聴】 Monster Exist / Orbital, P-Vine(PCD-25265-6)

IMAGE

 Phil HartnollとPaul Hartnoll。ハートノル兄弟によるテクノユニット、Orbitalの6年ぶりとなるフルアルバム。豪華盤は2枚組、さらに日本盤にはボーナストラック1曲が追加されて全18曲とヴォリュームたっぷり。


 かつてより、有機的かつ異形のクリーチャーをアルバムデザインに据えてきたOrbial。ここのところはどちらかといえばサイバーな雰囲気を前面に押し出してきたが、このアルバムで原点回帰がなされた感がある。アルバムタイトルの"Monster"とは、(ハートノル兄弟のコメントによれば)現代のモンスターのことであり、「銀行家」あるいは「あの男」、自身の中にいる悪魔や恐怖かもしれないという。同じくUKハウスのベテランアーティストMobyもまた現代における矛盾や怒りをアルバムにしたためているが、Orbitalのアルバムもまた現代への痛烈な皮肉であり、批判であるようだ。


 ただし、アルバムそのものは非常にOrbitalらしい、と言ってよい。ポップで、身体を動かさずに入られない躍動感のあるテクノ。ゲスト・ヴォーカルの端々に社会への怒りをのぞかせつつも、素直に聴いて楽しい、ユーモアにあふれる作品に仕上がっている。「怒り」や「恐怖」がテーマだとしても、決して短絡的な表現へと落とし込まないあたりがベテランである。クラブやレイヴ・イベントで盛りあがりまくるハイパー・アクティブなトラック群についつい繰り返し聞いてしまうことだろう。実際、Orbitalの作品からは、スノビズム臭がいっさい漂わない。そのポップなサウンドは日本人向きといってもよく、実際日本での人気も極めて高い。(2018.09.13)

« 09/28 日々雑感(3) | トップページ | 09/30 【聴】 No Nukes 2012 / Yellow Magic Orchestra, Commmons(RZCM-59939) »

聴(軟)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602237/67221829

この記事へのトラックバック一覧です: 09/29 【聴】 Monster Exist / Orbital, P-Vine(PCD-25265-6):

« 09/28 日々雑感(3) | トップページ | 09/30 【聴】 No Nukes 2012 / Yellow Magic Orchestra, Commmons(RZCM-59939) »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ