« 08/10 【聴】 This Warm December - A Brushfire Holiday Vol.1 / V.A., Brushfire(No Catalog No.) | トップページ | 08/14 日々雑感(Sycom Radiant GZ2700Z370) »

2018年8月11日 (土)

08/11 【聴】 Challenge Me Foolish / μ-Ziq, Planet Mu(ZIQ400CD)

IMAGE

 Mike Paradinasのプロジェクト、μ-Ziqの最新作。自身のレーベルPlanet Muからリリースされた本作は、女性ヴォーカリストKazumiをフィーチャーしたポップテイストなエレクトロニカ。全14曲。


 μ-Ziqといえば、かつてはAphex Twin, Squarepusher, Luke Vibertとともにコーンウォールのドラムンベース四天王などと呼ばれていたことを思い出す。徹底的にアヴァンギャルドを極めたAphex TwinやSquarepusherに対し、自身のスタイルを地味に追い続けたのがLuke Vibertとμ-Ziqであった。特にμ-Ziqはコンスタントにアルバムを発表する一方で、Bjorkのライブ・ツアーに同行するなど多方面での活躍が目立つ。Royal Astronomy, Lunatic Harnessなどのアルバムはメジャーレーベルからのリリースということもあって(大ヒットとはいえないまでも)かなり多くの人がその音楽に触れた。ポップ・ミュージックであったりオペラ調であったり、ドラムンベースやマイナーにこだわらない自由奔放さが彼の魅力である。


 というわけでChallenge Me Foolish。ここ数年妙にダークというか、禍々しい内容のアルバムリリースが続いただけに、美しい作風にほっとさせられる。映画のサウンドトラックのようなストーリー性、抒情的な展開もあって、聴いていて素直に楽しい。彼の本貫地ともいえるドラムンベースの曲も少なからず含まれているので、彼のキャリアをよく知る古いテクノファンならば「ああ」と思ってしまうに違いない。(2018.07.26)

« 08/10 【聴】 This Warm December - A Brushfire Holiday Vol.1 / V.A., Brushfire(No Catalog No.) | トップページ | 08/14 日々雑感(Sycom Radiant GZ2700Z370) »

聴(軟)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602237/67045912

この記事へのトラックバック一覧です: 08/11 【聴】 Challenge Me Foolish / μ-Ziq, Planet Mu(ZIQ400CD):

« 08/10 【聴】 This Warm December - A Brushfire Holiday Vol.1 / V.A., Brushfire(No Catalog No.) | トップページ | 08/14 日々雑感(Sycom Radiant GZ2700Z370) »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ