« 07/16 カンチレバー細すぎ!さん逝去 | トップページ | 07/22 【硬】 Denon Envaya DSB-250BT-BKの修理 »

2018年7月21日 (土)

07/21 Samsung SSD 860EVO(500GB)

さて何から書いたものか、報告すべき/ブログに書きとめるべき事柄に事欠かない今日この頃である。


この日、亭主がPCを起動したところ、常駐していたCrystal Disk Infoがアラームを発した。SSDの信頼度が下がっているという。このところの殺人的な暑さで、以前導入したPlextor(Cドライブ、256GB)が破損したかと思ったのだが、信頼度が下がっているのはなんと2017年1月に導入したIntel SSD5(Dドライブ、480GB)であった。購入して1年半もたっていない。そんなことがあるのだろうか。


Crystal Disk Infoのモニタ画面を見てみると、たしかにIntelのDドライブの信頼度が97%に低下している。1ヶ月ほど前に見たときには98%だったから、ここひと月で1%劣化したことになる。セクタが破損しており、代替セクタが使われているという。Crystal Disk Infoの機能である履歴グラフによれば、今年の1月に信頼度がスコンと下がっていた。他のドライブ(CドライブのPlextor、Gドライブの東芝製外付けHDD)は不具合なしだというのに、Intelのドライブのみ不具合を連発している。


97%という数値が深刻なのか、それとも軽微なのかはよくわからない。が、警告が出たことは真面目に受け止めなくてはならない。


すぐさまPC-Depotに出かけ、代わりとなるSSDを購入。今回は少し迷ってSamsungのドライブを購入した。型番は860EVO、容量は500GB。急を要する話であるので値段は不問とする。自宅に戻り、SamsungのドライブをDドライブに、IntelのドライブをEドライブに割り当てて、データをそっくり移動した。2時間半ほどでほぼすべてのデータの移動が完了した。


「ほぼすべて」といったのは、読み取り不能なファイルが移動できなかったからだ。


CDからリッピングした曲が3曲、メールの添付ファイルが一つ、破損していた。添付ファイルはバックアップからサルベージしたが、曲についてはCDからもう一度リッピングし直すこととした。移動できず、IntelのSSDにぽつねんと残るファイルをしみじみ眺めつつ、なるほどSSDの故障とはこういうものかと思う。なかなか迷惑な不具合である。大量のファイルに埋もれて、人知れずアクセス不能なファイルがぽつぽつと発生する。サルベージ可能ならばよし、できないならば永遠に失われる。バックアップの重要さをいまさらながらに痛感した。


それにしても1年やそこらで不具合が多発するとは・・・暑さのあまり保証期間内だとIntel SSDにクレームをつけるのを忘れたが、まあよいとしよう。

« 07/16 カンチレバー細すぎ!さん逝去 | トップページ | 07/22 【硬】 Denon Envaya DSB-250BT-BKの修理 »

PC」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 07/21 Samsung SSD 860EVO(500GB):

« 07/16 カンチレバー細すぎ!さん逝去 | トップページ | 07/22 【硬】 Denon Envaya DSB-250BT-BKの修理 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ