« 07/14 【聴】 The Essentials / Jack Johnson, Brushfire Records|Universal(UICU-1299) | トップページ | 07/16 カンチレバー細すぎ!さん逝去 »

2018年7月15日 (日)

07/15 【聴】 へたジャズ! 昭和戦前インチキバンド1929-1940 / V.A., ぐらもくらぶ(G10035)

IMAGE

 戦前の日本。海外からなだれ込む「洋楽」にインスパイアされた日本の演奏家・歌手たちが、こぞって新たなジャンルへと挑戦した。本アルバムは戦前の1929年から1940年代に、当時のマイナー・レコード会社からリリースされたジャズ(と思われる)音源を、「ヘタ」という観点からセレクトした、いわば「ワースト・アルバム」。ジャズとは名ばかり、いろいろな部分が不味いことになっている全23曲を、音楽評論家である毛利眞人氏がナビゲートする。


 いわゆるレトロな作品を、時代遅れだからという理由だからで無碍に哄笑し、貶めるような行為は亭主自身あまり好まない。当時と現在とではあらゆる状況が異なっているので、当時の作品を鑑賞するのならば、聴き手もまた当時の状況に思いを馳せて聴くべきであろうとおもうからだ。エヴァ―グリーンな音楽は、それが聴き手にとってのソウル・ミュージックでない限りはなかなか存在しない。無理解や知識のなさを棚に上げて、レトロな作品をネタにするというのは、音楽ファンとしてあまりにもリスペクトが足りないとおもうのだ。


 ただ・・・本アルバムに限っては、たしかにいろいろな部分が不味いことになっている。「演奏が不味い」こともあるし、「歌唱が不味い」こともある。「アレンジが不味い」ことも、「録音が不味い」ことも、さらには「センスが不味い」こともあって、全編に応じて始末に困る内容のアルバムとなっている。聴き手にリスペクトが足りない前に、なぜこういう音楽が録音されたのか。まずもってそこに理解が及ばない。解説によればこれら音楽は、「マイナー・レコード会社」からリリースされたいわゆる二軍扱いのアーティストの作品なのだという。演奏がメタメタなのも、ドラムを無視してメロディが走りまくるのも、歌詞の出だしのタイミングを間違えたりするのもすべては「二軍」たる所以なのだろう。どうしてジャズに「ホイヤ!」という合の手が入るのか。いろいろ勘違いした演奏を聴いていると、無性に最近のジャズのアルバムが聞きたくなる。当時に思いを馳せる前に、いたたまれなくなって現代へと逃避してしまう。魅力も魔力もなく、ただあるのはなぜこんな下手な演奏を録音し、あまつさえシングルで売ろうとしたのだろうという疑問ばかり。こんないたたまれなくなるアルバムは本当に久しぶりだ。(2018.07.11)

« 07/14 【聴】 The Essentials / Jack Johnson, Brushfire Records|Universal(UICU-1299) | トップページ | 07/16 カンチレバー細すぎ!さん逝去 »

聴(軟)」カテゴリの記事

コメント

カンチレバー細すぎさんこと、カンチさんに
ご不幸があったようです・・・
詳しくは、ZXL1000_ko@momo-mail.comをいただければ
ご報告いたします。

場違いなコメント、大変失礼いたします。
(連絡先メアドが分からなかったのでここにコメントをさしあげました)
m(_ _)m

こんばんは。コメントありがとうございます。

メールがエラーでもどってきてしまったので、
1000ZXLちゃんねるに書き込みさせていただきました。

本当に突然のことで、言葉もありません。
お悔やみを申し上げます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 07/14 【聴】 The Essentials / Jack Johnson, Brushfire Records|Universal(UICU-1299) | トップページ | 07/16 カンチレバー細すぎ!さん逝去 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ