« 05/11 【読】 「悲しき熱帯II(レヴィ=ストロース著・川田順造訳、中央公論新社)」 | トップページ | 05/14 父からの手紙 »

2018年5月13日 (日)

05/13 日々雑感

いつもお世話になっている1000ZXLちゃんねるの「物欲友の会スレッド」に、USB端子付きで良さげなアンプ(予算50000円)を紹介してほしいと書き込んだところ、早速お友達のYSさんからいくつかオススメを紹介いただいた。

Denon PMA-60

Yamaha A-U671
Pioneer A-50DA/70DA

亭主がとりわけ嬉しかったのは、紹介いただいたアンプがどれもオーディオメーカのもので、しかも昔ながらのファンにもよく見知ったブランドだったこと。iPodに端を発するポータブルオーディオ・ネットオーディオ・PCオーディオ隆盛の中で、デジタルアンプやハイレゾ対応DACを手がける中小メーカが(文字通り)ごまんと現れ、ハイファイとローコストを売りにした製品を(文字通り)うんざりするほど発表している昨今、よくわからないメーカをオススメされても判断のしようがなかったからだ。

とりわけ亭主はDENONに古くから信頼をおいていて、つい先日もDENONのBluetoothスピーカを購入したところだった。紹介いただいたアンプにはかつてのピュアオーディオ的な雰囲気はないものの、オーディオ専業ならではの作り込みの良さと安心感、それにメーカならではの個性的なデザインがある。これが昨今の中小メーカならばそうはいかない。気をてらい過ぎたとっぽいデザイン、あるいはシンプルisビューティフルと言わんばかりの弁当箱になる。音質に関しては使っているチップの種類が限られているうえ回路も最小限であろうから、どれも似たような音になるとは思うのだが。

オススメされたアンプのどれを選ぶかは、完全に「個人の好み」である。デザイン、価格、使い勝手、あるいは作りの良さあたりを勘案して選びたい。現在の真空管アンプから音質向上が図れれば良いが、真空管アンプも機嫌のよいときはゴキゲンに鳴ってくれる。真空管アンプとの併用も考慮に入れつつ選びたいところ。

« 05/11 【読】 「悲しき熱帯II(レヴィ=ストロース著・川田順造訳、中央公論新社)」 | トップページ | 05/14 父からの手紙 »

聴(硬)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602237/66716653

この記事へのトラックバック一覧です: 05/13 日々雑感:

« 05/11 【読】 「悲しき熱帯II(レヴィ=ストロース著・川田順造訳、中央公論新社)」 | トップページ | 05/14 父からの手紙 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ