« 10/01 【動】 第29回会津若松市鶴ヶ城ハーフマラソン大会 | トップページ | 10/05 日々雑感 »

2017年10月 2日 (月)

10/02 【食】 めでたいや(白味噌ネギチャーシュー麺、福島県会津若松市)

20171001medetaiya
会津若松市鶴ヶ城ハーフマラソン大会の帰り道、市内の人気ラーメン店「めでたいや」に立ち寄った。会津若松在住で妻の友人が、オススメしてくれた店だ。

人気店ということもあって、亭主が店を訪れた際にも大行列、だいたい15人ほどが店の前で順番を待っていたが、そこは人気店、手際が違う。店員が頻繁に行列をチェックしては、はい8人、はい3人とどんどん客を店に招き入れていく。店内の席で30分ほど待つようだが、この日は日差しが強かっただけに、店内でゆっくりできるのはありがたい。

ところで亭主、実は以前会津若松を訪れた際に、この店に入っていたらしい。店員に案内され店の中に入った際に、目の前にどーんと鎮座する二階席への大階段に見覚えがあった。以前はこの階段を上って座敷で食事をとった気がする。某サイトの記録によれば2005年9月24日のことだった。当時もネギチャーシュー麺らしきものを食べている。三つ子の魂、というやつである。

ついでに当時の写真も掲載しておく。当時はどうやら携帯電話で撮影していたらしい。Vodafone Sharp V603SHのようである。なんでも記録は残しておくものだ。

20050924medetaiya
さて、脱線しまくっているが、「めでたいや」。2005年当時に食べたときはあまりピンとこなかったことを覚えている。当時は「家系ラーメン」と「天下一品」にぞっこんで、こってりラーメンといえばとんこつ醤油か、天一の濃厚鶏がらかと決め打ちしていたからだ。「会津ラーメン」と「喜多方ラーメン」の違いが良く分からなかったこともある。

ともかく12年ぶりともなれば味も忘れているし、バイアスがかかりまくりだった以前に比べればいくらか正常な判断もできよう。スープはとんこつ系のスープに魚介系をあわせ、背脂でこってり感を出しているようだ。今回は白味噌味ということでさらに濃厚かつ深い味わいとなっている。以前はピンとこなかったが、あらためて食べると実に美味い。マラソンあとの疲れた体にスープが染み渡る。当時の味は忘れたものの、改めてなるほど人気店というのが納得できる。

麺を食べる。コシの強い、中太のちぢれ麺。ボリュームもさることながら、適度な歯ごたえが心地よい。メンマ、そしてネギのシャキシャキ感も麺によくあう。スープの脂が適度に麺にからむ。このところはあっさり系のラーメンばかりを食べていた亭主にはすっかりご無沙汰だった味と食感である。文字通り一心不乱に、無我夢中で完食してしまった。マラソンあとは胃の調子がおかしくなるため今回はおとなしく普通盛りを食べたが、腹具合がよければ大盛りを食べていたことだろう。

ところでこの店、以前は気づかなかった「ソースカツ丼」もおすすめメニューになっているようだ。ソースカツ丼とラーメンのセットなどもあるので、胃袋が元気な人は試してみるのもよいかもしれない。


« 10/01 【動】 第29回会津若松市鶴ヶ城ハーフマラソン大会 | トップページ | 10/05 日々雑感 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602237/65866748

この記事へのトラックバック一覧です: 10/02 【食】 めでたいや(白味噌ネギチャーシュー麺、福島県会津若松市):

« 10/01 【動】 第29回会津若松市鶴ヶ城ハーフマラソン大会 | トップページ | 10/05 日々雑感 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ