« 09/11 日々雑感 | トップページ | 09/15 日々雑感 »

2017年9月14日 (木)

09/14 AppleよりiPhoneシリーズの新製品が登場

Appleから、iPhone 7(および7 plus)の後継機 iPhone 8(および8 plus)、それに最上位機種であるiPhone X(Ten)が発表された。

Apple、「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」発表 新色、ワイヤレス充電対応(ITmedia)

iPhone Xは、初代iPhoneが2007年に発表されてから10年という節目にリリースされる記念モデルなのだという。唯一のボタンを排除し、筐体全体を有機ELの表示画面とした思い切ったデザインはスマートフォンの未来型を体現したもの。

Apple、最上位モデル「iPhone X」発表(ITmedia)

単純に物欲のみからいえば、亭主はiPhone 8、あるいはiPhone Xが欲しいのだけれど、iPhone 8は64GBモデルが78800円、iPhone Xは同じく64GBモデルが11万2800円と、ちょっとしたノートPCが買える値段だけにコシが引けている。

実用面からいえば、画面バキバキ、写真がメモリをひっ迫して毎朝警告の出る妻のiPhone 5を買い替えたい。ところが妻は「そんなに私使わないから」と興味を示さない。

マカーで知られる職場のFさんに同じ話をもちかけたところ、いい加減古くなってきたMacbookを先に更新したいという。そんなわけで、あちらもこちらも、どうにも気勢が上がらない。新しモノ好きと転売屋が銀座のAppleストアでもみ合いになる、そんなニュースをテレビで眺めるのが関の山なのだろうかと、早くも冷め気味の亭主である。

いや、多分落ち着いてきたところでこっそりiPhone 8あたりに買い替えるのだろう。まずはAppleのサイトを眺めて静かに物欲を練ることにする。

iPhone X 未来をその手に。(Apple)

初代iPhoneが通信端末にスマートフォンという新たなジャンルを作り出し、この10年のうちに携帯電話を、デジタルカメラを、そして結果的に音楽プレーヤまでも駆逐してしまった。NHKのニュースウォッチ9によれば、スマートフォンの登場は一つのイノベーションであり、1985年の携帯電話の登場、1995年のWindows 95の登場に次ぐ大きなイノベーションだったのだそうだ。大きな転換点は10年毎に発生する。2007年の初代iPhone登場から10年、さて次の10年を席巻するイノベーション的な製品が現れただろうかと市井を見回すに、大きな転換点、と言えるような製品は見つかっていない(個人的にはノートPCと本を駆逐するiPadもまたイノベーションと呼びたいのだが、iPadの登場は2010年と残念ながら10年周期からは外れている)。

果たしてスマートフォンを駆逐するような新しい製品がここ数年のうちに出るのか、それともすでに出ているのか。いろいろと思考を巡らせている。

« 09/11 日々雑感 | トップページ | 09/15 日々雑感 »

物欲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 09/14 AppleよりiPhoneシリーズの新製品が登場:

« 09/11 日々雑感 | トップページ | 09/15 日々雑感 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ