« 08/11 Canon IXY Digital | トップページ | 08/14 【聴】 Love / 口ロロ, Asian Gothic Label(asg-038) »

2017年8月12日 (土)

08/12 亭主ぶらり旅(第4回、日立市川尻町)

諸事情で妻が亭主のスマホを持ったまま二泊三日の研修に行ってしまったので、いろいろと細かいフォローができず申し訳ない。

あちらはあちらで便利に使っているようだが、亭主の手元に残された妻のスマホは、女性のスマホユーザにありがちな話として画面がバキバキに割れていて、使うのが憚られる。お気に入りというスマホケースも同じく角がバキバキとなっている。そもそもスマホケースがあるのに、画面がバキバキに割れるというのがおかしい―――とも思えるが、実際にスマホケースを手に取ってみると表面がつるつると実に持ちにくい。女性の小さな手でホールドしたら、何かの拍子に簡単に手から滑り出るに違いない。

世の女性のスマホのバキバキの原因はわからないが、妻の場合スマホケースの構造上の欠陥と言えそうだ。本人が喜んで使っているならば特に何をいうこともない。そろそろ話を本題に戻す。

妻は研修、マハロくんとアロハちゃんはトリミング、Q太郎は家ですやすや昼寝をしているので、飯を食いに外に出た。以前から気になっていた日立市川尻町の天龍に向かう。国道6号沿いに「自家製手打ち麺」と看板が出ていて、前を通るたびに行きたいと思っていたのだ。天龍は国道6号から少し離れた場所にある。手前にファミリーラーメンの店があって、こちらは昼時ということで満員御礼。ところが亭主が目指す天龍の駐車場には、亭主を含めて車が2台しか止まっていない。果たして店内は先客である男性と亭主のみ、あとは厨房にご主人と奥様がいて、都合4人の小宇宙。失敗したかとちょっと不安になる。

奥様がコップに水を入れてやってきた。おススメはレンコン麺だというが、レンコンの気分でもないのでパス。低糖質メニューはシイタケをふんだんに使うようだが、これもパス。今回は豚の角煮ラーメンというのを注文した。出てきた水がぬるい。

冷房のない店内、開け放した窓から蝉の声が聞こえてきて、夏をしみじみ実感する。朝から雨で少し蒸すが、我慢できないというほどでもない。テレビで放送されていたNHKの歌謡ショーをぼんやり見ながら待っていると、ご主人が角煮ラーメンを持って出てきた。奥様が水、ご主人がラーメンの全員プレイである。ファミリーラーメンの店ではこうはいかない。

角煮ラーメンは、大きな角煮が2個入ったラーメンを、あんかけでまとめたもの。スープはしょうゆ味と思いきや鶏がらを使った中華スープ、麺は手打ちだそうだが、太さ、歯ごたえなどよく出来ていてあんかけのとろみをしっかりと受け止める。そして中華スープと角煮とからしっかりと香る、ハッカクの風味。うわ美味い。そうか天龍は中華料理店なのだ。面目躍如たるハッカクの風味に亭主の不安は一気に吹き飛び、ラーメンを心ゆくまで堪能したのであった。この味は他のラーメンチェーン店では出せまい。

本当は写真付きで紹介したかったのだが、冒頭の事情により写真はない。

ラーメン店巡りも良いが、中華料理屋巡りもまた良い。チャーハンもニラレバ炒めも、しっかりと中華料理しているだろうから、きっとこれらも亭主の口に合うことだろう。

旨かったのでまた行く予定。

« 08/11 Canon IXY Digital | トップページ | 08/14 【聴】 Love / 口ロロ, Asian Gothic Label(asg-038) »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602237/65656775

この記事へのトラックバック一覧です: 08/12 亭主ぶらり旅(第4回、日立市川尻町):

« 08/11 Canon IXY Digital | トップページ | 08/14 【聴】 Love / 口ロロ, Asian Gothic Label(asg-038) »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ