« 08/09 【食】 蘭丸(赤味噌チャーシュー麺、茨城県水戸市) | トップページ | 08/12 亭主ぶらり旅(第4回、日立市川尻町) »

2017年8月11日 (金)

08/11 Canon IXY Digital

 以前ブログに「PS1が欲しい」と書いたあと、ずっとそのことが気になっていた。



 Amazonで中古を探したりもしたが、今ひとつピンとこない。山の日の今日、近所のリサイクル店を数件回ってPS1、PS2を見てきたが、やはりいずれの店でもピンとこない。内蔵の電池切れであるとか、ケーブルが欠品であるとか、キズ汚れが激しいとか、そもそも購入意欲を削ぐような品ばかりである。



 この日最後の店、市内のハードオフでも購入意欲が沸かず、一通り店内を巡って帰ろうかと思ったところ、ジャンクの棚に懐かしいものをみつけた。



 CanonのIXY Digital、初代機である。



 フィルムカメラのIXYの筐体にデジタルカメラ技術を詰め込んだCanonの意欲作。Canonがデジタルカメラ市場に本格参入するきっかけを作った製品である。亭主にとっては2台目のデジタルカメラにあたる。画素数は2Mピクセル、後継機と比べれば画質はあきらかに落ちるが(当たり前だ)、その洗練されたデザインはその後のデジカメのデザインを大きく方向付けたと思うがどうですか。そうでもないですか。うーん、そうだと思うんだけどなぁ。違うかなぁ。



20170811ixyd1



 当時といえばFUJIFILMのFinePix、オリンパスのCamediaなどがしのぎを削っていた。亭主の1台目のカメラはFinePix700だったが、独特の撮影スタイルに「カメラを使っている」気分になれず、どこかカッコ悪さを感じていた。またCamediaの(少し安っぽい)デザインは亭主好みでなく、むしろフィルムカメラであるIXYのメタリックでクールなデザインに惹かれていたのだ。それまで亭主が使っていたがフィルムカメラといえば「写ルンです」ばかり、シンプルライフを標榜する亭主にとってレンズや三脚などアクセサリを駆使し、撮影に際して細かい調整か必要となる一眼レフには興味が持てなかった。一方IXYのようなコンパクトカメラには少なからず興味があったためIXY Digitalを店頭で見かけた時は一切の躊躇なく購入。以降IXY Digital 300登場まで亭主の愛機となった。ちなみにその後はずっとCanonのデジカメを愛用、現在のPower Shot G16まで続いている。



20170811ixyd2



 久々に目にした初代IXY Digitalは相変わらず素晴らしいデザイン。自宅で確認したところ内蔵電池が完全放電、充電池の容量も完全に抜けていて、ピント合わせもすこしぎこちないとヤレは見られるが、外見は非常に綺麗で見ていて飽きることがない。以降のデジカメでは標準となる撮影モード選択のダイヤルがなかったり、液晶ファインダーが超小型だったりと、初期デジカメならではのシンプルなインターフェースもむしろ好ましい。



20170811ixyd3



 いちおう内蔵電池が交換可能か、充電池の交換品がないかはさがしてみるが、もとより2Mピクセル、今となってはトイカメラにもこんな低解像度の商品はない。幸いほとんど傷のない品なので、オプジェとして日々眺めても良いかもしれない。

« 08/09 【食】 蘭丸(赤味噌チャーシュー麺、茨城県水戸市) | トップページ | 08/12 亭主ぶらり旅(第4回、日立市川尻町) »

物欲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602237/65652564

この記事へのトラックバック一覧です: 08/11 Canon IXY Digital:

« 08/09 【食】 蘭丸(赤味噌チャーシュー麺、茨城県水戸市) | トップページ | 08/12 亭主ぶらり旅(第4回、日立市川尻町) »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ