« 07/13 【聴】 Mellow Waves / Cornelius, Warner(WPCL-12660) | トップページ | 07/18 【読】「書楼弔堂 炎昼(京極夏彦、集英社)」 »

2017年7月17日 (月)

07/17 日々雑感

前回の記事でNetwalkerを「中途半端なスペックの機器を」「拙速に買ってしまった」と書いたのは、いささか拙速だったかもしれないと少し反省している。

当時はたしかにNetwalkerを選ぶ意味があったのだ。へこへこなキータッチ、狭いキーピッチとはいえ、テキストを快適に入力するためにはフルキーボードは必須だった。他の機種もそうだ。電池容量を気にせず、目の疲れを意識せず読書するには、kindle whitepaperが最適だった。そこにブレは一切ない。

ところでPomera DM100は、FlashAirの現行製品W-04が接続できない。W-03あるいはさらに一つ前の機種W-02の接続が保証されているだけに、04が使えない理由が今一つ見えない。AmazonあたりならばW-03も平行輸入品が販売されているので、不自由を感じることはない。ただ、こういうちょっとしたズレが、将来に向かってどんどんその製品の活躍範囲を狭めていく。

たぶんNetwalkerがキータッチ、キーピッチを考慮したフルキーボードを備えていたならば、Pomera DM100が標準でWi-Fi機能を備えていたならば、その後の展開はずいぶん変わっていただろう。kindle whitepaperについては言うことはあまりないが、たとえば電子インク(e-paper)の応答が液晶並にスムーズだったら、Fire HDあたりのラインナップも変わっていただろう。

以前このサイトで、亭主は電子書籍の用件として「目に優しいこと」「軽いこと」「バッテリーが持つこと」を挙げている(2016.12.10記事参照)。テキスト書きに限って言えば「フルキーボード」が重要であり、もちろん「軽いこと」「バッテリーが持つこと」もはずせない。さらにいえばWi-FiやEvernote投稿などで、ネットワークに接続できること、日本語変換が快適であることも用件に含めて良い。

そうやって重要なことをひとつひとつと挙げていき、現行機種にその機能を求めた際に、その機種に足りない部分が一つ、ふたつと見えてくる。そこを我慢したり「あばたもえくぼ」と肯定し、それらを満足する製品が出る前に現行機種を買ってしまう、そこを「拙速」と呼んでみたのだ。

もしかしたらそんな満足するような機種はその後登場しないという可能性を考えたら、現行機種を買うのもまた一つの選択なのだ。

« 07/13 【聴】 Mellow Waves / Cornelius, Warner(WPCL-12660) | トップページ | 07/18 【読】「書楼弔堂 炎昼(京極夏彦、集英社)」 »

物欲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 07/17 日々雑感:

« 07/13 【聴】 Mellow Waves / Cornelius, Warner(WPCL-12660) | トップページ | 07/18 【読】「書楼弔堂 炎昼(京極夏彦、集英社)」 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ