« 06/09 Owltech Professional ケース用DCファン2ボールベアリング SF12-S4 | トップページ | 06/14 【聴】 Everything At Once / John Beltran, Delsin(dsr-d4) »

2017年6月10日 (土)

06/10 【聴】 Folk Rocker / Stumble Bum, Deep Orange(XQJA-1001)

IMAGE

 井上民雄(Vo., Guitar)と笠原敏幸(Vo., Bass)によるフォーク/ロック・デュオ、Stumble Bumの1stアルバム。2009年、ドラマーの椎野恭一氏が主産するDeep Orangeレーベルからアルバムリリースを果たした。もともと井上氏も笠原氏も1970~80年代からスタジオ・アーティスト、ライブ・アーティストとして数多くのアーティストをサポートしてきた超ベテランである。全9曲。


 現在は横浜を活動の拠点とするStumble Bum。「レイド・バック」(くつろいだ、リラックスしたの意)なアコースティック・サウンドが彼らの音楽の特徴だ。亭主などはこのアルバムを聴いてまずマッシュルームレコード時代の小坂忠を思い出した。素朴な歌いくち、田園風景をモチーフにした牧歌的な歌詞は小坂忠あるいは1970年代フォーク・シーンに直結している。ただ、かつてのフォークに比べると曲の展開がシンプルで、歌詞もメロディラインも地味である。ギターを片手に、心の赴くまま、指の動くまま自由にメロディを紡いでいる、そんなフリースタイルな曲が多い。「そうきばらず、まあゆっくりしていけよ」曲からのメッセージは常に穏やかで、優しい。


 亭主がこのアルバムを聴こうと思ったきっかけは、先日職場の飲み会で行った「楽天酒家おおみか店」にこのアーティストのチラシが貼ってあったからだ。なんとなく渚十吾が指向するオーガニック・サウンドを想像していたが、それよりももっと素朴な、オーガニックやアートといった横文字が似合わない時代のフォークに近かった。格別スタイルを強調することのない、自然発生したかのような彼らのサウンドが、疲れた心と身体に優しく響く。(2017.06.09)

« 06/09 Owltech Professional ケース用DCファン2ボールベアリング SF12-S4 | トップページ | 06/14 【聴】 Everything At Once / John Beltran, Delsin(dsr-d4) »

聴(軟)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602237/65393146

この記事へのトラックバック一覧です: 06/10 【聴】 Folk Rocker / Stumble Bum, Deep Orange(XQJA-1001):

« 06/09 Owltech Professional ケース用DCファン2ボールベアリング SF12-S4 | トップページ | 06/14 【聴】 Everything At Once / John Beltran, Delsin(dsr-d4) »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ