« 05/05 【聴】 Nuits de la Fondation Maeght 1970 / Albert Ayler, Water(WATER103) | トップページ | 05/06 【聴】 Year Book 1971-1979 / 坂本龍一, Commmons(RZCM-86035~7) »

2017年5月 5日 (金)

05/05 【食】 ラーメン浜田屋県庁前店(こてこてチャーシュー麺、水戸市笠原町)

20170505hamadaya

水戸県庁にある川又書店を訪れた際、近くに浜田屋があることに気が付いた。

以前、ここには別の店があって、そこそこ美味い店だったと記憶している。昼食時には行列が出来るほどの人気店だったが亭主自身はそれほど通った記憶がなく、店の名前がどうしても思い出せない。

浜田屋は、国道6号と国道51号が交差するあたり、浜田町の店にちょくちょく通っていた(なるほど浜田町にあったから浜田屋なのか)。中華そばに豚の背脂を乗せたこってり味のラーメンは、当時家系ラーメンや天下一品を強烈に支持していた亭主にとってはあまり魅力を感じなかったが、ちょっと小腹がすいたときなどには便利で1ヶ月に1回くらいは行っていた。酔客に券売機を壊されて、カウンターから注文をしたのを覚えている。知らない間に支店が増えたようだ。商売繁盛、良いことである。

浜田屋のラーメン、ひいては豚の背脂を乗せた中華そばを亭主が支持しなかった理由はいくつかあるが、一番大きいのは「胃にもたれる」からだ。胃にもたれるといっても、胃が弱いからという話ではない。たとえば人間、大量の水を一気飲みすると胃がもたれた感じがするが、亭主の場合ラーメンを食べても似たようなもたれを感じるのだ。天下一品やよくできた家系ラーメンではこのようなことはなかったが、とんこつラーメンや一部の家系ラーメンではしばしばこのようなもたれを感じた。根拠に薄いが、当時は「胃がもたれる=スープを水で薄めている」のではないかと推測していた。コスト削減、利益確保にスープに使う材料を少なくしたことが原因かどうかは、良く分からない。感覚として「水が入っている」と判断していたに過ぎない。

胃のもたれを、「水のみ=100%」とした場合の割合で評価するならば、浜田屋は20%といったところだろうか。ひたちなか市内で評判の良い九州とんこつラーメンの店が50%くらいだったことを考えると、20%は評価としては良い方である。ちょくちょく通っていた理由は、この割合が少なかったからだ。

最近、佐野ラーメンや喜多方ラーメンなど、中華そば系ラーメンの良さを再認識している亭主、今回の「こてこてチャーシュー麺」もまた美味しく食べることができた。しょうゆスープの塩加減、平打ち麺の食感といった中華そばのあっさり感と、背脂のコクやチャーシューのボリュームといったこってり感のバランスが良く、満足度が高い。一方、以前感じていた胃のもたれは、やはり20%と当時のまま。

20%にあらためて浜田屋を実感、当時のことを思い出させてくれたのだから、胃のもたれもまたウェルカムといったところだろうか。

« 05/05 【聴】 Nuits de la Fondation Maeght 1970 / Albert Ayler, Water(WATER103) | トップページ | 05/06 【聴】 Year Book 1971-1979 / 坂本龍一, Commmons(RZCM-86035~7) »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602237/65240817

この記事へのトラックバック一覧です: 05/05 【食】 ラーメン浜田屋県庁前店(こてこてチャーシュー麺、水戸市笠原町):

« 05/05 【聴】 Nuits de la Fondation Maeght 1970 / Albert Ayler, Water(WATER103) | トップページ | 05/06 【聴】 Year Book 1971-1979 / 坂本龍一, Commmons(RZCM-86035~7) »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ