« 03/28 【聴】 Planets / Jeff Mills, Axis|U/M/A/A(UMA-9090-9091) | トップページ | 03/31 【聴】 News for Lulu / John Zorn, Hat Hut(hat ARTCD-6005) »

2017年3月30日 (木)

03/30 【聴】 Koreni / Bojan Zulfikarpasic, Label Bleu(LBLC-6614)

IMAGE

 セルビアはベオグラード出身のピアニスト。アメリカで修業後フランスに渡り、自国の民族音楽をフィーチャーした作品をリリースするBojan Zulfikarpasicの1998年アルバム。全10曲。ちなみにボヤン・ズルフィカパシチと読むらしい。


 参加アーティストはVojin Draskoci(Bass)、Kudsi Erguner(Ney)、Julien Lourau(Sax)、Tony Rabeson(Drums)、Predrag Revisin(Bass)、Vlatko Stefanovski(Guitar)、Karim Ziad(Perc.)そしてBojan Zulifikarpasic。Neyはアラブ音楽で使われる葦の笛だそうだ。彼の出身であるセルビアの音楽が具体的にどのようなものかは亭主自身良く分からない。ただ、ブルガリアン・ヴォイスのような不協和音を効果的に使った和声や、アラブ音楽を思わせる音階、あるいは独特な変拍子など、音楽としてはかなりチャレンジングな部類に入る。M1 "La Petite Gitane(Cigancica)"はボスニアの民族音楽、M2 "Radio Bo"はTony Rabeson作曲で先に紹介したHenri Texierのアルバムにも収録されている。のこり8曲はずばりBojanのオリジナルであるが、曲を聴いていると自分のなかでジャズと民族音楽との境界線が徐々に薄れていくのが良く分かる。興味深いことに民族音楽も、セルビアかアラビアか、あるいはNeyが尺八のような音色であることから日本の音楽のようにも聞こえてくる。様々な音楽がシルクロードを伝って交流しているイメージ。これは面白い。(2017.02.23)

« 03/28 【聴】 Planets / Jeff Mills, Axis|U/M/A/A(UMA-9090-9091) | トップページ | 03/31 【聴】 News for Lulu / John Zorn, Hat Hut(hat ARTCD-6005) »

聴(軟)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 03/30 【聴】 Koreni / Bojan Zulfikarpasic, Label Bleu(LBLC-6614):

« 03/28 【聴】 Planets / Jeff Mills, Axis|U/M/A/A(UMA-9090-9091) | トップページ | 03/31 【聴】 News for Lulu / John Zorn, Hat Hut(hat ARTCD-6005) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ