« 03/07 日々雑感 | トップページ | 03/10 【読】 Blue Giant 10, Blue Giant Supreme 1 (石塚真一、小学館) »

2017年3月 9日 (木)

03/09 【聴】 V.S.O.P. / Herbie Hancock, SONY Music(COL-486569-2)

IMAGE

 1978年、Herbie Hancockを中心にジャズ界の大物アーティストが一堂に会したスペシャル・ライブをディスク2枚に収録したのが本作。"Very Special Onetime Performance"と銘打ったプロジェクトのもと、Freddie Hubbard(Trumpet)、Wayne Shorter(Tenor & Soprano Sax)、Ron Carter(Bass)、Tony Williams(Drums)がDisc 1の4曲を、Eddie Henderson(Trumpet)、Bennie Maupin(Flute, Tenor & Soprano Sax)、Julian Priester(Trombone)、Buster Williams(Bass)、Billy Hart(Drums)、Wah Wah Watson(Guitar)、Ray Parker Jr(Guitar)、Paul Jackson(Electric Bass)、James Levi(Drums)、Keneth Nash(Perc)がDisc 2の5曲を担当する。豪華絢爛な布陣だが、実際は引退していたMiles Davisを舞台に上げるために仲間同士が結集したものらしい。


 HancockのMaiden Voyage(処女航海)、MilesのNefertitiなど有名曲がならぶDisc 1と、これまたHancockのHang up your hang ups、Spiderなどファンク/フュージョンの良作が並ぶDisc 2。往年のアーティストによる演奏はどれもゴキゲンで、聴いているうちにまるで旧い友人に久しぶりに出会ったかのような喜びに満ちる。それぞれのディスクでアーティスト紹介が入るが、アーティストの名前が呼ばれるだけでもワクワクしてくるのだから不思議だ。ライブ盤ということもあって、オーディエンスの歓声や拍手も収録されている。Hancockによるアーティスト・コールに盛り上がる観衆、その盛り上がりに応えたソロ演奏。曲数少な目、ソロ長めというサービスたっぷりの構成は、まさにスペシャルと呼ぶにふさわしい。

« 03/07 日々雑感 | トップページ | 03/10 【読】 Blue Giant 10, Blue Giant Supreme 1 (石塚真一、小学館) »

聴(軟)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 03/09 【聴】 V.S.O.P. / Herbie Hancock, SONY Music(COL-486569-2):

« 03/07 日々雑感 | トップページ | 03/10 【読】 Blue Giant 10, Blue Giant Supreme 1 (石塚真一、小学館) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ