« 02/21 【読】 「生まれ変わりの村(4)(森田健、アクセス|河出書房新社)」 | トップページ | 02/21 日々雑感 »

2017年2月21日 (火)

02/21 【読】 「グローバル時代を生き抜くためのハーバード式英語学習法(青野仲達、秀和システム)」

「グローバル時代を生き抜くためのハーバード式英語学習法(青野仲達、秀和システム)」


 ビジネス・ブレークスルー大学教授、株式会社GABA(英会話)代表取締役社長である著者が、欧米人との会話・ディベートに使える英語学習法を解説した書。2016年3月刊。


 昨年紹介した「欧米人を論理的に説得するためのハーバード式ロジカル英語(青野仲達、秀和システム)」 にさかのぼること1年前に刊行された本であるが、内容は「ロジカル英語」とほぼ共通。5つの短文から構成される「5行エッセイ」によって、自らの意見を他者に効果的に伝える方法を伝授する。5行の構成は「結論」「理由1」「理由2」「理由3」「結論の繰り返し」。この構成を維持しつつ、文を補足・肉付けしていくことで一つのエッセイが完成する。文の補足・肉付けの段階で様々な文章の体裁を学び、また話題を豊かにすることでボキャブラリが増え、話の引き出しが増えていく。これも「ロジカル英語」と同じだ。


 難点を一つ挙げるとすれば、本書の「5行エッセイで発音力を鍛える」の部分がきわめてぞんざいなこと。LとRの発音、Tの発音、そして子音消失と子母連結についての解説がなされているが、雰囲気としてネイティブ発音に近づくとはいえ、発音の教科書としてはいささかPoorだ。本書の他の部分とのバランスを考慮し、難しくならないようあっさりと書いてあるのは仕方ないとして、やはりこの分量で発音にまで分け入るのは無理がある。この部分はむしろ他の良書を紹介するなどしてもよかったように思う。


 いずれにせよ「ロジカル英語」とほぼ同内容なので、どちらか一方を読んでいれば大きな問題は発生しない。亭主は2冊読んでしまったが、ここは良い復習になった、と強がりを言っておくことにする。(2017.02.21)

« 02/21 【読】 「生まれ変わりの村(4)(森田健、アクセス|河出書房新社)」 | トップページ | 02/21 日々雑感 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 02/21 【読】 「生まれ変わりの村(4)(森田健、アクセス|河出書房新社)」 | トップページ | 02/21 日々雑感 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ