« 02/19 【動】 第10回石岡つくばねマラソン大会への参加 | トップページ | 02/21 【読】 「生まれ変わりの村(4)(森田健、アクセス|河出書房新社)」 »

2017年2月20日 (月)

02/20 Sundisk Ultra PLUS 128GB

先日水戸に出張に行った帰りに、駅前のビックカメラでSundiskのSDXCカードを買ってきた。

128GBでスピードクラスはC10, U1、読み取り速度は80MB/secだという。

Class 10に対応するSDXCカードリーダを持っていなかったため、リーダも併せて買うことに。ポイント還元で端数を相殺し、ちょうど12000円で購入した。

カードリーダの用途はずばり、VW Passatの純正ナビゲーション"Discover Pro"に音楽ライブラリを持ち込むためだ。亭主は現在iPod Classic 160GBをDiscrover ProとUSB接続している。収録アルバム数は1096枚。亭主の所有するCDからするとかなり少ない方だが、それでも1000枚近いCDを車の中で自由に選ぶことができる。ただ、(冬季はともかく)炎天下にHDDが搭載されているiPodを車の中に入れておくのは、iPod Classicがディスコンとなった現在ではかなりリスクが高いと言わざるを得ない。

SDXC 128GBをDiscover Proに使うにあたり、不確実だったことが二つ、確認できた。

一つは、iTunesで取り込んだアルバムが、正常にDiscover Proで認識されるかだ。

iTunesでは、取り込んだアルバムを"アーティスト名"のフォルダに、またその下に"アルバム名"のフォルダを作り、曲を保存する。取り込んだ曲には"トラック番号"+"曲名"の順に名前が付く。結論からいえば、iTunesのデータをそのままSDXCカードに保存すると、Discover Proはカードの内容を、フォルダ構成そのままに表示する。カバーアートは残念ながら表示されなかったが、曲データ単独ならば自由に再生できる。

もう一つは、曲の容量だ。

うっかりしたことに、亭主はこのところアルバムをApple Losslessで取り込んでおり、圧縮音源に比べるとデータ容量が大きい。1096枚のデータ容量は173GBと128GBを軽く超える。何のアルバムをコピーするかを決める必要がある。

とりあえずこの日はサンプルにアルバムを数枚コピーし、Discover Proでデータを確認した。これからどんなアルバムをコピーするかの構想はあるものの、まだ具体的なコピー作業は行っていない。奇特なことにDiscover ProにはSDXCカードスロットが二つ搭載されているので、現有のデータを二枚に分けて保存するというのもありなのかもしれない。

« 02/19 【動】 第10回石岡つくばねマラソン大会への参加 | トップページ | 02/21 【読】 「生まれ変わりの村(4)(森田健、アクセス|河出書房新社)」 »

物欲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 02/20 Sundisk Ultra PLUS 128GB:

« 02/19 【動】 第10回石岡つくばねマラソン大会への参加 | トップページ | 02/21 【読】 「生まれ変わりの村(4)(森田健、アクセス|河出書房新社)」 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ