« 02/12 【食】 博多ラーメンShinshin KITTE博多店(ネギラーメン、福岡市博多区KITTE博多B1) | トップページ | 02/15 日々雑感 »

2017年2月12日 (日)

02/12 【食】 天下一品博多店(こってり並、福岡県福岡市)

博多で念願のとんこつラーメンを食べた亭主だったが、ラーメンを食べている間中、もやもやとしたものが頭の中をよぎっていた。


たしかにラーメンは美味い。博多といえば国内でも有数のラーメン激戦区であり、出店している店はそれなりに厳しい戦いを勝ち抜いている実力店ばかりである。そんななか、九州とんこつラーメンに関しては経験も知識も乏しい亭主が、とやかく言える立場でないことは重々に承知したうえで、あえて言わせてもらうならば、


ものたりない。


おそらく地元の人たちはラーメンを、他の料理やお酒をたらふく食べ、飲んだ後のシメとして食べているのではなかろうか。大いに飲み、騒ぎ、テンションが充分に上がったところで食べるラーメンはたしかに美味い。だが、とんこつラーメンそれ自体はきわめてシンプルな料理である。スープに、また麺にいかな工夫が凝らされていたとしても、これだけで食事として完結させるためにはそれなりの納得感が求められる。いや、少なくとも亭主は、このラーメン一杯で満足することができなかった。


そんなわけで、満を持して向かったのは天下一品の博多店。周囲のラーメン店に押され気味な店構え、しかしここならば亭主の思いを全て汲み取ってくれるはずだ。

20170208tenkaippin


テーブルに座るやいなや、ネイティブの流暢さを気取って「こってり並、にんにくなし」をコール。出てきた「並」は、こちらも亭主の期待通りのこってりラーメン。味はもちろん他の店と同じく美味い。天一のスープが体にしみいる。身体の浸透圧に近いのかもしれない。


博多の人たちが、飲み食いの後をとんこつラーメンで〆るならば、亭主はとんこつラーメンのあとをこってりで〆る。


実に合理的な考え方に満足した亭主、やっとホテルに戻ることができたのだった。


« 02/12 【食】 博多ラーメンShinshin KITTE博多店(ネギラーメン、福岡市博多区KITTE博多B1) | トップページ | 02/15 日々雑感 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 02/12 【食】 天下一品博多店(こってり並、福岡県福岡市):

« 02/12 【食】 博多ラーメンShinshin KITTE博多店(ネギラーメン、福岡市博多区KITTE博多B1) | トップページ | 02/15 日々雑感 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ