« 01/08 日々雑感 | トップページ | 01/10 日々雑感 »

2017年1月 8日 (日)

01/08 【聴】 Living Legend / Art Pepper, Contemporary(OJCCD-408-2)

IMAGE

 カリフォルニア生まれのサックス奏者。1940年代より活躍、数多くの名演を残したのちは刑務所への投獄などを繰り返したArt Pepperが、15年ぶりにリリースした作品が本作。1975年発表。オリジナルは全6曲、CDはM6 "Samba Mom Mom"の別テイクを収録する。


 ジャズ黎明期より活動したにも関わらず、突如音信不通となって文字通り「伝説」となっていたArt Pepperが、突如カムバック、リリースしたアルバムが"Living Legend"なのだそう。そもそもは「泣きのペッパー」などと称されていたサックス・プレイが、なぜかJohn Coltraneばりの強面なプレイに変化したことに、当時のファンは大いに困惑したそうだ。なんでもPepper自身Coltraneにかなり傾倒していたとはその後の情報。いずれも「ジャズ喫茶・四谷『いーぐる』」の後藤氏の情報によるものである。


 そんなわけで、Living Legend。Coltraneを意識した作品とのことだが、なんというか非常にニュートラルで、聴きやすいサウンドに仕上がっている。「泣き」というほど情感は感じられないものの、しなやかかつ伸びやかなサックスには彼自身の思いがしっかりと込められている。ここのところ車の中や部屋のオーディオで繰り返し、じっくりと聴いているが、かつてのPepperを知らない亭主には非常に精神的に安定した、安心感のある作品に感じられる。おそらくバッキングであるリズムセクションが安定しているからだろう。バッキングの枠組みに納まりつつ、しかし自在なサックスプレイにはいつまでも聴いていた居心地よさがある。(2016.12.05)

« 01/08 日々雑感 | トップページ | 01/10 日々雑感 »

聴(軟)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 01/08 【聴】 Living Legend / Art Pepper, Contemporary(OJCCD-408-2):

« 01/08 日々雑感 | トップページ | 01/10 日々雑感 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ