« 01/02 あけましておめでとうございます | トップページ | 01/04 【聴】 Live in Tokyo / Thad Jones Mel Lewis and the Jazz Orchestra, Denon(COCY-80752) »

2017年1月 4日 (水)

01/03 日々雑感

正月は実家に戻っていたのだが、父親のオーディオ自慢には始終閉口させられた。


オーディオ・・・といっても大したものではない。居間のテレビにはBOSEのSolo 15 Series II、父親の趣味の部屋のテレビにはSANSUIのミニコンが繋げてあって、常にテレビの音を爆音で鳴らしている。父親にとって良い音とは、どうやら低域がズンズンと響く音であるらしい。テレビのバラエティや歌番組を爆音で鳴らしては、悦に入っている。実家には犬たちも連れて行ったのだが、犬というのはとにかく音に敏感である。爆音は犬に良くないといっても一向に音量を下げず、逆にこの音がどうして受け入れられないのだろうと不思議そうな顔をしている。


父親は、亭主がオーディオ趣味であることをどこかで知っていたらしく、BOSEやらSANSUIの音をとかく自慢する。どうだいい音だろう、お前のオーディオと比べてどうだ、お前は音が分かるそうだから、ちょっと感想を聞かせてくれないか、云々。


だが、残念なことに、亭主はテレビのバラエティの爆音で音の良しあしを判断したことがないし、判断する気もない。ちょっと聴きには低域に輪郭がなく、中域とのつながりも悪い。高域がまったく聞こえない。これをオーディオとして批評してほしいなど言われても、困る。


低域に輪郭のない、単なる大音量なだけの音を聴きながら、亭主は自分のシステムのことをぼんやりと考える。亭主の音は、2000年代前半からここ10年ほど、全く変わっていない。PCオーディオと称してRotelのDAC、RDD06を導入してみたり、PCからのデータ送出にM2TechのHiface Evo + Evo Clockを使ってみたりとそれなりに機器を追加してはいるが、トータルシステムとして思想統一がなされているとは到底いいがたい。CD再生を中心とし、PCからの44.1kHzの音楽データを再生するためのシステムを、もう少し冷静に考えてもよいのかもしれない。

« 01/02 あけましておめでとうございます | トップページ | 01/04 【聴】 Live in Tokyo / Thad Jones Mel Lewis and the Jazz Orchestra, Denon(COCY-80752) »

雑談」カテゴリの記事

物欲」カテゴリの記事

聴(硬)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 01/03 日々雑感:

« 01/02 あけましておめでとうございます | トップページ | 01/04 【聴】 Live in Tokyo / Thad Jones Mel Lewis and the Jazz Orchestra, Denon(COCY-80752) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ