« 11/11 日々雑感 | トップページ | 11/15 日々雑感 »

2016年11月13日 (日)

11/13 【聴】 Metahalf / Metafive, Warner(WPCL-12456)

IMAGE

 高橋幸宏、小山田圭吾、砂原良徳、TOWA TEI、ゴンドウトモヒコ、LEO今井の6人からなるロック・ポップユニット、Metafiveのミニアルバム。全5曲。


 いずれも実力派を飛び越えて、「巨匠」級のアーティストたちが一堂に会した夢のユニット、Metafive。ほぼ全員がシンセのプログラミングを手掛けるというある種の文化部的なプロジェクトではあるが、その実態は非常に肉体派というか、躍動的だ。ユキヒロさんとLEO今井のダブル・ヴォーカル。繊細なヴォコーダ声のユキヒロさんに対して大胆かつ吠えるような声質の今井さん。それぞれの個性が良く表れている。


 ただ、亭主が彼らのフル・アルバム"Meta"を聞いた時の印象は、それほどポジティブではなかった。巨匠たちが集まり、作り上げたアルバムというのは良く分かるのだが、ユニットの方向性が良く分からなかったのだ。繊細なのか、大胆なのか。誰がユニットの中心で、誰のサウンドがフィーチャーされているのか。個性の強いキャラがそれぞれに自己主張しているように感じて、ユニットとしての方向性が見いだせなかった。


 この印象は、本作"Metahalf"を聞いた際も同じ。ただ本ミニアルバム、特にM2 "Chemical"がOlivia Newton Johnの"Phisical"のパロディであることに気が付いたとき、このユニットの方向性が1980年代のロック/ポップスを微妙なラインを描いて辿っていることを知って思わず「ああ」と声を上げてしまった。このあたりの音楽は中途半端に新しく、レアグルーヴとして扱うには市場への流通も多い。人々の記憶の片隅に追いやられ、時間とともに埋もれてゆくサウンドをあらためて掘り返すプロジェクト。それがMetafiveの主たる方向性なのだろう。たぶん。

« 11/11 日々雑感 | トップページ | 11/15 日々雑感 »

聴(軟)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602237/64489687

この記事へのトラックバック一覧です: 11/13 【聴】 Metahalf / Metafive, Warner(WPCL-12456):

« 11/11 日々雑感 | トップページ | 11/15 日々雑感 »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ