« 11/04 【聴】 Full Circle / Walter Lang Trio, 澤野工房(AS-151) | トップページ | 11/07 【聴】 Cow / Chill Out World / The Orb, Kompakt|Beat(BRC-524) »

2016年11月 6日 (日)

11/05 日々雑感

働いて結婚して子供を作る人生に微塵も価値を見いだせなかった。(30歳からの敗者復活戦)


ブログ作者である「うさぎたん」は、「自分が能動的にクリエイティブに考えた”人に役立つこと”を提供する」仕事をしたいと主張している。


亭主がいまの会社に入社する際に、新人研修に「自分の将来プランを考えよう」というプログラムがあって、労働組合から来た人間に促されて将来の自分がどうなるかを具体的に紙に書いたことを覚えている。○○才までに貯金をいくら溜め、○○才で結婚し、○○才で家を買い・・・自分がどんなことを書いたかはすっかり忘れてしまったが、すぐ後に「ろうきん」の担当者がやってきて、将来に向けてろうきんに口座を作りましょうと、勧誘されてがっくりきたのだけは覚えている。労働組合とろうきんが結託して口座開設を促した―――などと書くとなんだかクレームをつけているようで気分がよろしくないが、「ろうきん」は利息が比較的高いし、ローンの利率も良心的であるのでまあよしとしよう。


問題は、「将来プラン」である。


結婚し、子供を作り、家を買い、子供が独立して・・・などという将来構想がまったくの絵に描いた餅であることは、入社当時の亭主でも容易に理解できた。実際、入社当時50人からいた同期は、転職や異動で10人も残っていない。転職や異動した同期たちは、結果的に自ら望んで入った会社での「将来プラン」のレールから見事に外れたことになる。ただし、最近は独身を貫く人間も多いし、結婚しても子供のいない家庭も少なくない。高度経済成長期ならばいざ知らず、かつて当たり前思われていた人生のレールは、亭主が入社した20数年前においてもすでに無いに等しかった。


社会とかかわって生きていく以上、人生を自分でコントロールすることはできない。常に周囲に振り回され、流され、刻一刻と変わっていくものである。「自分を縛る固定資産、つまり持ち家を持たないぜ」と豪語していたのに、結婚して家を建てた人間もいるし、「自分は結婚しないぜ」とストイシズムをキめていた人間が、あっさり結婚した例もある。家を購入したら異動が決まり、せっかく建てた家を他人に貸すことになった人間もいる。とにかく人生というのは、自分でコントロールできるほど自由ではないのだ。


などと書くと、人生をあきらめたり、自堕落な生活を送ろうと主張する人間が現れる。亭主はそれでも良いと思うし、他人の人生をとやかく言うつもりもない。なにより亭主のような年寄りの戯言を、20~30代の若者が参考にするのは時間の無駄だ。うさぎたんのように、失望の中にもいくばくかの希望を抱いている人、人生に前向きに取り組んでいる人がいることはむしろ頼もしい。


ただ、せっかくの人生ならばせいぜい楽しく生きるに越したことはない。意識高く壮大な目標を掲げるのもよいが、日々の生活がおおむね楽しくても全く問題ない。


亭主の好きな言葉に、こんな言葉がある。


「勝ちはない。引き分けもない。途中で降りることもできない」


なんのことだったかは忘れてしまったが、人生もだいたいそんなものだと思っていた方が、逆に救われるのではないかと思うのだ。

« 11/04 【聴】 Full Circle / Walter Lang Trio, 澤野工房(AS-151) | トップページ | 11/07 【聴】 Cow / Chill Out World / The Orb, Kompakt|Beat(BRC-524) »

雑談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602237/64449579

この記事へのトラックバック一覧です: 11/05 日々雑感:

« 11/04 【聴】 Full Circle / Walter Lang Trio, 澤野工房(AS-151) | トップページ | 11/07 【聴】 Cow / Chill Out World / The Orb, Kompakt|Beat(BRC-524) »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ