« 10/26 【聴】 To Duke with Love / Art Farmer, East Wind|Universal(UCCJ-9142) | トップページ | 10/28 日々雑感 »

2016年10月28日 (金)

10/28 【聴】 Major Force Compact / V.A., Major Force(MFCD073-074)

IMAGE


 もとMELONのリーダー中西俊夫が、同じくメンバーであった工藤昌之と屋敷豪太、さらにはTINY PANXの高木完、藤原ヒロシとともに設立したレーベルがMajor Force。1989年当時日本のクラブで盛り上がりを見せていたラップ/ヒップホップのサウンドを、日本から発信することが本レーベルの目的だった。本アルバムは、1989年、90年にリリースされたMajor Force Compact Vol.1とVol.2をカップリングしたレーベルのベスト盤。Vol.1にはアルバム未収録曲1曲を含めた13曲、Vol.2には未収録曲1曲を含めた12曲が収録されている。参加アーティストはTINY PANX(高木、藤原)のほか、Tycoon Tosh(中西)、K-U-D-O(工藤)、Kool D.J. Red Alert、T.P.O., ECD, Chappie、The Orchidsほか。


 いとうせいこう、ヤン富田らが国内に紹介、ブラック・ミュージックの新潮流として大いに注目されたラップ/ヒップホップ。いとうせいこうがコピーライターとしてラップの日本語化を試み、ヤン富田が実験音楽としてのアプローチを試みるなど、当初は先進的かつ前衛的なジャンルだったと記憶している。ところが、本作Major Forceのアルバムは、そんな実験的な要素を一切すっ飛ばし、オリジナル・ヒップホップのどうしようもない部分を真似した曲ばかりがそろっている。すなわち、「自分の名前を連呼・自分語りに終始」「フロアをアゲるために使われる、決まり切ったアオリ」「日本語にせよ英語にせよ、大した意味のない歌詞」。


YO、俺の名前は亭主
飲んでる酒は洋酒
Hey、今夜はアゲるぜよろしゅう
ハァ、キュッキュキュ、フキュッキュ、キュッキュッキュー(スクラッチ)


 みたいなダサい歌詞を(英語にせよ)で延々と聴かされる身にもなってほしいものだ。

« 10/26 【聴】 To Duke with Love / Art Farmer, East Wind|Universal(UCCJ-9142) | トップページ | 10/28 日々雑感 »

聴(軟)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10/28 【聴】 Major Force Compact / V.A., Major Force(MFCD073-074):

« 10/26 【聴】 To Duke with Love / Art Farmer, East Wind|Universal(UCCJ-9142) | トップページ | 10/28 日々雑感 »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ