« 10/22 さようならGH-V35 | トップページ | 10/24 【聴】 Flight to Jordan / Duke Jordan, Blue Note|EMI(0946-3-92759-2-2) »

2016年10月24日 (月)

10/23 こんにちはVolkswagen Passat Variant Voyage

本日AM、Passat Variant Voyageが納車された。


Passat Variantは、Volkswagenのミドルクラス・ツーリングワゴン。1973年に初代B1が発表されてのち世代を重ね、2015年に8代目のB8が発売された(ドイツ他欧州では2014年に市場投入)。2015年の欧州カー・オブ・ザ・イヤーを受賞している。安全性、快適性、環境性、経済性などにこだわったハイ・パフォーマンス・モデルであり、随所にIT/IoT技術が搭載されているのが特徴だ。エンジンは4気筒で1394ccと必ずしもパワフルとはいえず、車重も1460kgと重め。ただ、ネットのレビューはこのエンジンのダウンサイジングをおおむね好意的に受け取っているようである。亭主もディーラーで試乗車を運転し、その走りにおおむね納得している。


なによりも亭主が惹かれたのは、その外観だ。全体的に直線で構成されたシャープなデザイン、なかでもフロントグリルの大胆なデザインにはVolkswagenならでは、Passatならではの説得力がある。全長はスカイラインV35に対して+99mm(4774mm)、全幅は+80mm(1830mm)、全高は+15mm(1485mm)と全体に大型化しているものの、スカイラインに比べて非常にコンパクトに、スタイリッシュに仕上がっている、ように見えるから不思議である。


当日はディーラーで簡単なセレモニーのあと、装備に関する一通りの説明を受けた。様々なセンサを駆使した安全機能、ITと直結したナビゲーションシステム、あるいはもっと基本的な、ヘッドライトやフォグランプ、ウィンカー、ワイパーなどの操作方法。外国の車ということで、日本車にはない独特の操作体系(ウィンカーは国産車とは逆、ハンドルの左側にある)に戸惑ったものの、なんとか覚えた。ただ、ナビやオーディオシステム、あるいは数々の安全機能については正直説明に追いつくのがやっとで、通り一遍の説明では使いこなせないほどに多機能であることくらいしかわからなかった。BluetoothとペアリングしてiPhoneの通話機能が使えたり、ナビが音声操作できることはわかったが、その全貌はまだまだつかみきれていない。説明を受けたが忘れてしまった機能もたくさんある。これから実際に使って、体得していくしかないだろう。


店長、工場長、営業氏らに見送られ、新しい車でディーラーを出る。スタート時にトルク不足でもたつく点、アイドリングストップからの復帰で車ががくがくとする点は、亭主のスキル不足だからであろうか。自分の走りにしていくには、まだまだ練習が必要そうだ。


« 10/22 さようならGH-V35 | トップページ | 10/24 【聴】 Flight to Jordan / Duke Jordan, Blue Note|EMI(0946-3-92759-2-2) »

雑談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10/23 こんにちはVolkswagen Passat Variant Voyage:

« 10/22 さようならGH-V35 | トップページ | 10/24 【聴】 Flight to Jordan / Duke Jordan, Blue Note|EMI(0946-3-92759-2-2) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ