« 08/14 日々雑感 | トップページ | 08/17 【聴】 君のいる世界が好きだよ / Her Ghost Friend, U/M/A/A(UMA-1081) »

2016年8月15日 (月)

08/15 日々雑感

CDからリッピングした膨大な音楽データをどこに保存するかで悩んでいる。

現在はメインPCのDドライブ(SSD, 256GB)に保存しているが、148GBを超えて現在も着実に容量を増やしつつある。 以前はMP3(128kbps)でリッピングしていたが、最近はApple Lossless Audio Codec(ALAC)でリッピングし、iPod Classicには128kbpsにダウンコンバートしている。PCオーディオとして楽しむ際には1000~800kbpsの音楽データを再生する。諸文献によればアルバム1枚あたり300Mbytesを使用するので、CDが日々増加している昨今、音楽データの保存・管理は喫緊の課題である。

音楽データの保存には、2つの方式が考えられる。

一つはDropboxなど、クラウド上のストレージに保存する方法。Dropboxだけでなく、Google, Microsoft, Apple, Amazonなど様々な企業がクラウドサービスを提供している。ただ、これらのサービスは単にファイルをクラウド上に保存するものなので、ネットワークドライブのような使い方はできない。転送速度も遅いので、オンデマンドで高ビットレートの音楽データを参照することは非現実的だろう。データクラッシュの心配からは解放されるが、1TBといった容量を確保するためには月額$10程度の課金も必要となる。

もう一つは、NASに保存する方法。最近はNASにもオーディオ用が登場するなど機能充実が著しい。家庭内の無線LAN・ルータに接続すれば外部ドライブとして認識するので、そこに自らのライブラリを保存すればよい。クラッシュの心配は依然として残るが初期投資が比較的小さい(25k\くらいから導入できる)。ビットレートが高い音楽データを無線LAN-Wifiネットワーク経由で転送できるかという心配は残る。まあメーカが出来ると言っているのだから、できるのだろう。

いずれも長短あり、決めるのが難しい。こういうときは悩むのを止めて、一旦本質に立ち戻ってみるのがよい。

クラウドを利用したデータ保存は、データを永続的かつ失われることなく保存する手段である。

NASへのデータ保存は、家庭内外で自在に音楽を楽しむための手段である。

実際のところ亭主には、前者として「オリジナル盤の保有」後者として「iPod classicの利用」というソリューションがすでに存在していることが分かる。恐ろしいことに音楽データの保存・管理が喫緊の課題である、というのは単なる亭主の妄想に過ぎなかったのだ。

« 08/14 日々雑感 | トップページ | 08/17 【聴】 君のいる世界が好きだよ / Her Ghost Friend, U/M/A/A(UMA-1081) »

物欲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 08/15 日々雑感:

« 08/14 日々雑感 | トップページ | 08/17 【聴】 君のいる世界が好きだよ / Her Ghost Friend, U/M/A/A(UMA-1081) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ