« 06/28 【聴】 Transport / Juan Atkins & Moritz von Oswald present Borderland, Tresor(Tresor.285CD) | トップページ | 07/02 【聴】 DJ Kicks / Moodymann, !K7(K7327CD) »

2016年6月29日 (水)

06/26 NHK BS Premium 細野晴臣 A NIGHT in CHINATOWNを観る

6/5にBSで放送された、細野さんの番組"A NIGHT in CHINATOWN"をBlu-rayに録画していたので、自宅のPCでしみじみと観る。

伝説となった1976年5月8日の横浜中華街「同発会館」ライブから40年、同じ日、同じ場所で開かれたライブの模様を収録したものだ。出演は細野晴臣、林立夫、高田漣、伊賀航、伊藤大地、コシミハル。林さんは40年前のライブでも演奏した幼馴染でもある。「北京ダック」「はらいそ」当時の懐かしい曲から、細野さんがこよなく愛するオールディーズまでを幅広く歌う。ユダヤの長老のような帽子に怪しげな口ひげを生やした細野さんの声は、以前にもまして素朴で、そして枯れている。枯れ具合を良いといっていいのかどうかはわからないが、中華街の雰囲気によくマッチしている。

亭主は中学生の頃から細野さんの曲を聴いていた。YMOに始まり、トロピカル三部作、ティン・パン・アレイ、はっぴいえんどと過去へを遡る旅、Non-StandardやMonad、あるいはOmni Sight SeeingやMedicine Compilation、そしてSwing SlowやSketch Showへと至る現在へと下る旅。細野さんの曲ならばすべてを正確に頭の中で再生できるほどに聴きこんできた。それでもなおこのライブには、亭主の知らない曲が現れ、新しい風となって亭主の耳に入り込み、髪の毛を撫で、プアール茶のような独特の香りとなって鼻をくすぐる。星野源をゲストに迎えてのFirecracker, Sake Rock、懐かしい香り。いやまさかJames BrownのSex Machineまで演奏するとは思わなかった。 斎藤圭土をピアノに据えてのカントリー・ロックはHosonova, Heavenly Musicの流れだ。細野さんの40年間の音楽遍歴は、亭主の30年の音楽遍歴でもある。

Sports Man, Body Snatchers, 万遍ないラインナップ。様子がおかしい、いつもの細野さんとはやる気が全然違う。なぜこれをBS Premiumなどという一夜のお祭りで済ませてしまうのか。永久保存版だ。特典映像付きでBlu-ray盤を販売しても良いくらいだ。

ラストはメンバー全員がそろっての「POM POM蒸気」。ピアノが、ドラムが、ギターが、アコーディオンが思い思いに躍動する、ライブならではの好演奏。思い出に浸っていた亭主は現実に引き戻され、彼らの「今」の演奏にくぎ付けになる。

BS Premiumといえば、ときどきとんでもない豪華メンバーのライブを放送するので目が離せないチャンネルの一つだが、今回の番組は近年まれにみる大ヒット。久しぶりに良いものを見ることができたと、大満足の夏の夜となった。

« 06/28 【聴】 Transport / Juan Atkins & Moritz von Oswald present Borderland, Tresor(Tresor.285CD) | トップページ | 07/02 【聴】 DJ Kicks / Moodymann, !K7(K7327CD) »

雑談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 06/26 NHK BS Premium 細野晴臣 A NIGHT in CHINATOWNを観る:

« 06/28 【聴】 Transport / Juan Atkins & Moritz von Oswald present Borderland, Tresor(Tresor.285CD) | トップページ | 07/02 【聴】 DJ Kicks / Moodymann, !K7(K7327CD) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ