« 12/09 星座巡礼 | トップページ | 12/21 【聴】 Farewell Holiday! / De De Mouse, Not(NOT0011) »

2015年12月16日 (水)

12/15 天下一品で味がさねを食す

 この日は池袋に出張だったため、帰りに天下一品池袋店で「味がさね」を食べてきた。

 「味がさね」は「こってり」「あっさり」に続く天下一品第3の正式メニューである。店舗によってはこってりとあっさりの中間の味「こっさり」や、こってりスープを濃縮したまま使う「濃厚」などのメニューもあるらしいが、これはいわゆる「裏メニュー」。通ぶってお店の人から失笑をかわないよう、注文には細心の注意を払う必要がある。亭主のような小心者はそもそもこれら「裏メニュー」を頼む勇気がなく、いつもの「こってり」から勇気を振り絞り「味がさね」へと浮気するのが関の山だ。

 「味がさね」は、「こってり」のスープをベースに、極太の直麺、炒めた白菜と豚バラ肉をトッピングしたラーメンである。揚げたネギ、白ゴマ、辛みそ、にんにくなどが別に提供されるので、スープにこれら薬味を徐々に溶かしながら味の変化を楽しむのが「味がさね」の正しい食べ方である。力強い麺とこってりスープの組み合わせは「こってり」とはまた違った歯ごたえ・喉越しで、(やや大味だが)太麺ならではの満足感が得られる。白菜と豚バラ肉はラーメンの力強さに押され気味で、箸休めに近い。食べ進むうちに徐々に辛みそがスープに溶け、最後には味噌ラーメン風へと変化する。食べ始めと終わりでと味が変化することをセールスポイントとするラーメンは古今東西「味がさね」が最初ではなかろうか。亭主も以前からこの「時間経過による味の変化」には注目していたのだが、このメニューを食べた際に「やられた!先を越された」と思った記憶がある。

 この日は(昼をほとんど食べていなかったこともあって)「味がさね」の大盛りを注文、存分にその味を楽しんだ。初めてこの味を体験したのは宇都宮市郊外の末広町店だっただろうか。末広町店での最初の「味がさね」は緊張のあまり味を楽しむ間もなく完食してしまったが、今回はその味を充分に堪能している。厳しく評価するならば味のスジが一本通った「こってり」のほうが亭主的には好み。白菜や豚バラで味がボケるのはいただけないが、久しぶりの「味がさね」はよい気分転換になった。

 天下一品の麺といえば、細めでモチっとした「こってり」の麺が定番だが、太めの麺もまたうまい。この麺で、普通の「こってり」を食べてみたら美味いだろうか。もっとも、裏メニューを亭主が注文できるかは別問題だけれども。

« 12/09 星座巡礼 | トップページ | 12/21 【聴】 Farewell Holiday! / De De Mouse, Not(NOT0011) »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602237/62877296

この記事へのトラックバック一覧です: 12/15 天下一品で味がさねを食す:

« 12/09 星座巡礼 | トップページ | 12/21 【聴】 Farewell Holiday! / De De Mouse, Not(NOT0011) »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ